それ損してますよ?アルトコインを知らないなんて…

皆さんはアルトコインをご存知ですか?

ビットコインと聞くとピンとくる方はいらっしゃると思いますが、
アルトコインを知らない方は多いと思います。

アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨の総称で
代表的なものでイーサリアムやリップルなどがあり、
現在では少なく見積もっても1000種類以上もあると言われています。

ビットコイン以外のコインを取引したいと思っても
アルトコインの種類が1000種類以上あると、
どれを取引していいかわからなず悩んでいる方もいると思われます。

 

そういう方のために、仮想通貨アルトコインの特徴や
取引するときのメリットデメリットについて紹介していきます。

 

アルトコインのメリット・デメリットを紹介

それではあるとコインのメリットとデメリットについてご説明します。

アルトコインのメリット

メリット1:通貨価値がビットコインと比べ安いものが多い

アルトコインのほとんどが価値がなく(1通貨1円以下のもの)
一般的に購入しやすいと言われています。

 

加えてそのような通貨は将来、
人気が出て多く流通した際に何十倍もの価値になって行くという爆発性もあり、
投機的な意味で言っても世界中の仮想通貨トレーダーが目を光らせています。

 

アルトコインのデメリット

デメリット1:値段の上下が激しい

アルトコインは様々な種類のものがありますが、
種類が多いことから取引所で取引がされていないアルトコインも
多数存在します。

 

ゆえに値段の上下が激しく価格変動も予想しずらいと言われています。

しかし、単純に売買をするトレーダーが少ないため流動性も普段は小さい傾向にあります。

デメリット2:アルトコインを取引できる取引所が少ない

仮想通貨取引所は売り手と買い手からの手数料を得て取引所を公開しているため、
取引が盛んではないアルトコインは取引所にとって
利益にならないため扱われにくい事が多いです。

 

知名度が低いアルトコインを売買しようと思ったら
まずアルトコインを多く扱っている取引所を探しましょう。

代表的なコインの特徴解説

アルトコインの種類は1000以上存在すると言いましたが、
知名度がビットコイン並に高くなっているアルトコインも存在します。

 

中でも代表的なアルトコイン2種類を紹介させて頂きます。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムはビットコインに次いで
時価総額2位に君臨する仮想通貨であり、
アルトコインの代表格的な仮想通貨です。

 

通貨の単位はETH(イーサ)と言います。

なぜこんなにも価値が高く注目度も高いのかと言いますと、
大きな特徴は「スマートコントラクト」技術を採用している点だと言えます。

 

スマートコントラクトを採用した事によ
り取引をする際に中央機関や第三者を介さず取引の契約内容を自動執行できる様になっています。

更にビットコインとは違い、通貨の発行上限がなく
送金完了までの時間が圧倒的に早いという特徴があります。(約10~15秒)

リップル(Ripple/XRP)

リップルはリップル社が独自に開発した
厳密にいうと送金システムの事です。

 

通貨の単位はXRP。

わずか3ヶ月で価値が約80倍にもなった事で有名なリップルですが、
仮想通貨の根本的な理念とも言える金融システムなどの
第三者を介さずに送入金を直接やり取りすることにより、
手数料の削減や送金速度の上昇などを目指す事を目的として作られたのです。

価格変動に関して、XRP通貨のほとんどをリップル社が保有し中央管理者となっているため
価格が大きく変動する事がなく仮想通貨初心者でも取引がしやすい通貨といわれています。

 

購入時の注意点

アルトコインは取引量が少ないため基本的には値動きが激しい傾向にあり、
急激な価格上昇により利益がでる可能性も在ります。

 

また、反対の結果になってしまう事もありえます。

更に、様々なアルトコインを取り扱っている日本の取引所は
現在とても少ないため、知名度もなくセキュリティも甘いマイナーな取引所を
利用したことにより詐欺などに合う可能性もございます。

 

ですので、取引所の選択もアルトコインを売買するときには注意しなければならない点の一つです。

「知らなきゃ損!アルトコインとは」まとめ

アルトコインのメリットデメリットなどを簡単に紹介させて貰いましたが、
一山当てるためなどの、投機目的な軽い気持ちで投資をするのではなく、
その通貨の影響力や生まれたきっかけなどを踏まえた上で投資をすると
一層仮想通貨の理解度やアルトコインの魅力に気づけるのではないでしょうか。

 

ぜひ、これから仮想通貨取引を始めようと思っている方は、
アルトコインの購入も検討してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る