サルでもわかる仮想通貨マイニングの仕組み

皆さんは仮想通貨のマイニングの仕組みを
理解していらっしゃいますか?

マイニングは、取引の承認や通貨の新規発行
欠かせない重要な作業です。

この作業がきちんと行われない限り、
取引を安全に行うことができません。

 

本記事では、ビットコインのマイニングを例に挙げて、
その仕組みを簡潔に解説していきます。

 

仮想通貨のマイニングとは?

マイニングとは、コンピュータを利用して取引承認に必要な計算を行い、
最も早く解答を得た1人の参加者に、新たに発行された仮想通貨を報酬として
与える仕組みを指します。

 

この一連の作業は、鉱山で金(ゴールド)を掘り当てる作業に
似ていることから、マイニング(採掘)と呼ばれています。

 

そして、その作業を実行する人たちをマイナー(採掘者)と呼びます。

 

マイニングの役割

マイニングの役割は、主に取引承認と
仮想通貨の新規発行です。

 

「AさんからBさんへ送金を行なった」場合、
その取引が本当に正しい取引であったかどうかを
確認し承認を行う必要があります。

 

そのために、世界中のネットワーク参加者は、
膨大かつ複雑な計算を行い、データの真正性を確かめます。

 

そして、最初に解答に辿り着いた参加者以外の人たちは、
その解答が正しいかどうかのチェックを行います。

複数の人の承認を得られれば、ブロックはチェーンの最後尾に追加されます。

 

新たなブロックができた瞬間、
最初に解答に辿り着いた参加者に新規発行された仮想通貨を
報酬として付与する仕組みを取っています。

 

新規のブロック追加後は、世界中の膨大な計算力を
持ったとしても、理論上改竄できない仕組みとなっています。

この仕組みのおかげで、通貨の偽造や
二重払いなどの不正利用を防いでいます。

 

また、通貨としての新規発行は、
このマイニング作業の時にしか発生しません。

 

マイニングは誰でも始められる!

難しいように聞こえますが、マイニング作業は
誰でも始めることができます。

マイニングが成功すれば、仮想通貨を
得ることだってできてしまいます。

 

当初、マイニングを行うには、
膨大な計算力を必要とするコンピュータが必要でした。

そのためには電気代を含む相応のコストが
かかることは承知でした。

 

しかし、最近ではクラウドマイニングのような、
マイニングをしている企業にお金を出すだけで、
誰でも参加できるサービスも存在します。

機材を揃えなくても、手軽に始めやすいので、
仮想通貨を入手する方法の一つとして
検討してみてもいいかもしれません。

 

マイニングの仕組み

次にマイニングの仕組みを簡単に解説していきます。

マイニングの計算作業の理解には、
ハッシュ関数とナンス値という概念が重要です。

 

ハッシュ関数

ハッシュ関数は、元の取引データから、
短いランダム値であるハッシュ値を
求める計算方法を指します。

 

その特徴は、元データが少しでも異なると全く異なる
ハッシュ値ができることです。

 

ハッシュ関数を用いると、どれだけ膨大なデータ量でも、
データが圧縮されて短いランダム値になるため、
データ量を大きく消費することもありません。

 

また、ハッシュ関数は元データからハッシュ値を求めることはできますが、
逆にハッシュ値から元データを復元することは
できない一方向性を有しています。

 

ナンス値

ビットコインの場合、新規ブロックを追加できる条件として、
独自のルールがあります。

そのルールをざっくり説明すると、
「ブロックのハッシュ値が一定の条件を
満たさなくてはいけない」というルールです。

 

この条件を満たすハッシュ値を求めるために、
次々にいろいろな値を代入して、
答えを見つけていく作業が必要になります。

この代入する値のことをナンス値と呼びます。

 

マイニングの計算作業

すなわち、マイニングの計算作業とは、
世界中のネットワーク参加者が次々にいろんな値を代入して
総当たりして適切なナンス値を見つけていく作業であります。

 

最も早くナンス値を見つけたものが、
その対価として報酬をもらえる仕組みを取っています。

 

このような計算量によって取引承認を行う手法を、
プルーフオブワーク(POW)と呼んでいます。

 

この手法は、仮想通貨によってさまざまです。

 

まとめ

本記事では仮想通貨のビットコインを例に、
マイニングの仕組みを解説してきました。

 

マイニングは、取引の承認や通貨の新規発行を行う
重要な作業です。

ネットワーク参加者が、毎日の取引承認を
行なっているからこそ、取引の安全性は確保されています。

 

システムの安定に不可欠の役割を果たしているため、
ぜひこの機会にマイニングの仕組みを理解しておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る