仮想通貨の種類紹介【イーサリアム紹介】

仮想通貨イーサリアムをご存知でしょうか。

 

仮想通貨を学んだことのある人なら、
ビットコインに次いで時価総額の大きい仮想通貨として
認識している方が多いでしょう。

 

しかし、イーサリアムがどういった機能を持ち、
そもそもどのような仮想通貨なのか
ご存知の方は少ないかもしれません。

 

本記事では、あらためてイーサリアムとは何なのか、
どのような特徴を持っているのかを解説していきます。

 

イーサリアムとは?その理念や特徴を解説!

イーサリアムは当時19歳の大学生だった
ロシア系カナダ人Vitalik Buterin氏により考案されました。

 

イーサリアム自体は仮想通貨を表す単位ではありません。
イーサリアムとは一連のプロジェクトの総称を表します。

そのネットワーク内で使用される通貨が、
イーサー(Ether / ETH)です。

 

イーサリアムを一言で表すと、ブロックチェーンを
利用したアプリ開発のプラットフォームです。

 

イーサリアムのブロックチェーン上に、
誰でも自由に分散型アプリを開発し、
独自のトークンを発行することができます。

 

実は、プラットフォーム系の仮想通貨プロジェクトはたくさんあります。

 

しかし、イーサリアムが他のプラットフォームと
大きく異なる点は、その開発者の数です。

イーサリアムには、不特定多数のネットワーク参加者が
存在し、膨大な数の開発者が参加しています。

まさに、イーサリアムの優位点はその分散性にあります。

 

また、Vitalik氏を含むイーサリアムの開発者は、
イーサリアムのネットワーク上で「ワールドコンピュータ」の構築を目指しています。

要は、世界中のコンピュータをイーサリアムネットワークで繋げ、
分散して監視・管理しあう仕組みです。

一つの会社や一人の人間に支配されない
非中央集権の仕組みを実現することで、人々のやりとりが透明化されて、
より公正かつ公平なマーケットが生まれる可能性があると、Vitalik氏は語ります。

 

その実現には、安全で高速取引のできる仕組みを
構築する必要があり、世界中でさまざまな開発が進められています。

 

イーサリアムのもつ2つの機能

分散型アプリケーションのサポートに不可欠なのは、
ブロックチェーンとスマートコントラクトです。

 

ブロックチェーン

イーサリアムもビットコイン同様、ブロックチェーン上で取引履歴を
記録・保存する機能が備わってあります。

 

スマートコントラクト

もう一つの機能は、スマートコントラクトです。
スマートコントラクトとは、契約内容をプログラム化し、
人の手を介さず自動的に実行できる仕組みを指します。

 

ブロックチェーン上に契約を都度追記でき、
書き換えることができないため、
契約の改ざんや消滅を防ぐ役割を果たします。

 

スマートコントラクトの原型は、自動販売機です。

 

自動販売機では、「購入者はお金を入れる」
「購入したいドリンクを選ぶ」という行動がなされると、
契約が成立し、「ドリンクが出てくる」仕組みになっています。

 

イーサリアムも自動販売機と同様、特定の契約内容が
記述されると、取引が自動的に実行される
仕組みとなっています。

 

分散型アプリケーション

上記2つの機能は、分散型アプリケーション(DApps)を
円滑に動かすために不可欠の要素です。

DAppsはイーサリアム・ブロックチェーン上に構築されます。

現在のDAppsはSNSやゲーム、分散型取引所等で話題に上がりますが、
今後さまざまな業界で応用されることが予測されています。

 

イーサリアム上のDApps利用者は今年に入って
指数関数的に増えており、2017年の30000倍という急成長を遂げました。

 

DAppsの普及は今後の私たちの生活を
一変させる可能性を秘めています。

 

イーサリアムの開発ロードマップとは?

イーサリアムには数年にわたる開発ロードマップが存在し、
世界中の開発者がイーサリアムの技術開発を進めています。

 

今後のアップデートでは、セキュリティ強化などの
大幅な性能アップとトランザクション手数料削減、
POW→POSであるキャスパーアルゴリズムへの変更、
多くの取引を行えるようになるシャーディングの実用化などが期待されています。

 

これらの技術が実装されれば、
スケーラビリティ問題の解決に繋がり、
ユーザーの利便性はさらに高まることでしょう。

 

まとめ

イーサリアムを利用したアプリケーションは続々と誕生しています。

 

分散型アプリケーションの未来が実現すれば、
FacebookやGoogleなどの一つの企業に情報を
管理してもらう必要がなく、イーサリアムに関わる全ての人によって
監視・管理し合う仕組みになり、効率的で公正かつ公平な取引が可能となります。

 

イーサリアムが普及すれば、第三者の信頼を必要とせず、
安心してサービスを利用できる世界がやってくるでしょう。
イーサリアムの躍進に今後も目が離せません。

関連記事

ページ上部へ戻る