アルトコイン?ビットコイン?違いを解説

仮想通貨といえば、ビットコインを
思い浮かべる方が多いでしょう。

 

しかし、仮想通貨にはたくさんの種類があります。
現在存在しているだけでも1000種類以上は確認されています。

 

これらのビットコイン以外の仮想通貨を総称して、
アルトコインと呼んでいます。

 

本記事では、ビットコインとアルトコインの違いを中心に、
わかりやすく解説していきます。

 

ビットコインとアルトコイン

アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の総称であると
冒頭文で解説しました。

アルトコイン(altcoin)は、
英語表記のalternative coinの略称です。

ビットコインの代わりとなるコインという意味です。

 

実はビットコインのプログラム技術は、
オープンソースで全て公開されていて、
誰でも自由に閲覧することができます。

 

このビットコインの技術を参考にして、
多くのアルトコインは生まれています。

 

アルトコインにはビットコインの欠陥を
補完するために生まれた高性能な仮想通貨が
数多く存在します。

 

例えば、ライトコインは、ビットコインと比べて、
発行枚数は4倍、取引承認時間は4分の1に設定されています。

 

開発者は「ビットコインが金であれば、ライトコインは銀」
であることを目指して開発を行なっていると発言しています。

 

つまり、ライトコインは日常の少額決済で使われることを
目的に作られていて、ビットコインより利便性が高いことが特徴です。

 

その他、人気のイーサリアムやリップルも
アルトコインの一つです。

特に、イーサリアムのプラットフォームからは
数多くの仮想通貨が生まれています。

 

それでは、アルトコイン全般に言える
具体的な特徴を見ていきましょう。

 

アルトコインの特徴とは?

それぞれのアルトコインは、異なる特徴や運営方法を
持っており、それぞれに存在目的があります。

具体的なアルトコインごとの特徴を挙げると
キリがありません。

 

この項目では、ビットコインと比べて
アルトコイン全般はどのような特徴を有するのか
という観点から解説していきます。

 

流動性が小さい

アルトコインの特徴の一つは市場への流動性が
低いことが挙げられます。

 

アルトコインは、ビットコインと比べて、
全体の時価総額が低く、取引所での取扱数も少ないです。

 

仮想通貨全体の時価総額に対して、
ビットコインの占める割合は50%以上です。

そして、残りの時価総額をアルトコイン全体で占めています。

 

現在の仮想通貨市場全体を足し合わせても、
アップルやグーグル等一企業の時価総額に及ばないので、
仮想通貨市場の半分以下しかないアルトコイン市場自体は
かなり小さいものと言えます。

 

そのため、時価総額の極めて低い仮想通貨は市場に出回る数の低さから、
購入・売却のたびに価格が上下してしまう通貨も存在します。
流動性が低い分、ボラティリティが高いのが特徴です。

 

ただし、投資対象としては、一攫千金の可能性が高く、
魅力的な商品と感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、時価総額の低いアルトコインは
ハイリスク・ハイリターンの商品なので、
投資を行う際は十分注意しましょう。

 

さまざまな分野で活用の可能性がある

ビットコインは、新しい決済手段としての「通貨」や
ゴールドのような「価値の保存」を目的に作られました。

 

一方で、アルトコインは、ブロックチェーン技術を応用し、
さまざまな分野での活用が期待されています。

 

例えば、イーサリアムでは、ブロックチェーンに加え、
スマートコントラクト技術を特徴に有しています。

この2つの機能を持つことで、
分散型アプリケーションプラットフォームとして、
上手く役割を果たせると言えるでしょう。

 

その他、SNS、ゲーム、保険、不動産登記、賭博や予測市場、
IOTなどさまざまな分野での技術活用が期待されており、
アルトコインに多くの投資額が集まっているのも事実です。

 

しかし、多くのアルトコインは、開発段階のものが多く、
まだ実用化に至っていません。

中には開発自体も進んでおらず、
不誠実なプロジェクトも存在します。

 

投資を行う際には、ホワイトペーパーや開発進捗などを
閲覧し、誠実なプロジェクトかどうかを
見極めてからの購入をオススメします。

 

まとめ

ビットコインに比べて、アルトコインの時価総額は低く、
実用化に至っていないプロジェクトの多さから、
投資を行うには一定の不安要素が残ります。

 

その一方で、イーサリアムやリップルのような
素晴らしい理念を持ったプロジェクトも数多く存在します。

 

ブロックチェーン技術の実用化により、
アルトコイン市場は今後拡大していく可能性は
非常に高いと言えます。

 

将来有望なプロジェクトを見つけたのであれば、
長期保有を前提に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る