仮想通貨ウォレットの仕組みを紹介

仮想通貨の保管にはウォレットの活用が重要です
取引所で購入したまま、
仮想通貨をそのまま置きっぱなしにしていませんか。

取引所はハッカーに狙われやすく、
ハッキングや破綻リスク等で資金を失ってしまうような
一定のリスクが存在します。

仮想通貨の管理は自己責任ですので、
保有資産の安全のためにウォレットの理解は不可欠です。

本記事では、資産管理で大事なウォレットの仕組みについて、
わかりやすく解説していきます。

仮想通貨のウォレットとは

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨を保管しておく
「財布」のことを表します。

「財布」の種類はさまざまです。
オンライン上ないしオフライン上で管理する
ソフトウェアウォレットもあれば、
物理的な専用端末を利用する
ハードウェアウォレットもあります。

ハードウェアウォレットは、完全にインターネットから
切り離して仮想通貨を保管することができるので、
最も安全性の高い保管方法と言われています。

さらに、物理的なデバイスでの保管が難しいという方は、
紙で送受信に必要なアドレスや秘密鍵を保存する
ペーパーウォレットという選択肢も存在します。

また、仮想通貨によって、
利用できるウォレットは異なります。

例えば、ビットコインにはビットコイン対応のウォレット、
イーサリアムにはイーサリアム対応の
ウォレットが存在します。

ウォレットを利用する際は、ご自身の保有する
仮想通貨の保管に対応しているかどうかを
事前に確認する必要があります。

仮想通貨ウォレットの仕組み

ウォレットは仮想通貨を保管しておく「財布」であると
説明しました。

しかし、ウォレット自体に仮想通貨が
保管されているわけではありません。

仮想通貨自体はブロックチェーン上に記録されており、
ウォレットは保有する仮想通貨へアクセスするために
必要な鍵やアドレスを生成・管理する役割を持っています。

ウォレットの役割

ウォレット内では、秘密鍵・公開鍵・アドレスが
ワンセットで管理されています。
受取先(入金)アドレスには、
秘密鍵と公開鍵が紐づいています。

また、アドレスは一度入金されると、
同じアドレスは使用できなくなります。
入金のためアドレスを使用する度に、
上記のワンセットは新たに生成されます。

この生成は、ハッシュ関数による変換で起こります。
元データが変換されて、秘密鍵→公開鍵→アドレスの順で
自動的に生成されます。

ハッシュ関数は一方向の性質をもつため、
アドレスや公開鍵から秘密鍵に変換することはできません。

アドレスと公開鍵は一般公開される一方で、
秘密鍵はウォレットの管理者のみ知ることのできる
モノであると言えます。

秘密鍵とは

秘密鍵は、仮想通貨の送金や交換など何らかの取引をする際に
必要な暗号鍵であり、仮想通貨が本人の所有であることを
証明する大切な役割を果たします。

つまり、秘密鍵を知っている人だけが、
ウォレットのアドレスに保管されている仮想通貨に
アクセスすることができます。

仮想通貨ウォレットの必要性

仮想通貨の保管にはウォレットの理解が不可欠です。

というのは、何も考えず取引所のウォレットに
保管しておくだけでは、極めてリスクが高いからです。

2018年初、大手仮想通貨取引所コインチェックで、
多額のNEMが第三者による不正アクセスから
流出してしまうという事件が発生しました。

しかし、個人のウォレットでNEMを保管していた方々は、
その被害に遭うことはありませんでした。

取引所にはハッキングや破綻リスクが存在します。

万が一に備えて、個人のウォレットを通じて仮想通貨を
保管されることをオススメします。

仮想通貨ウォレットで
保管する際の注意点

私たちが注意すべきことは、秘密鍵や復元フレーズを
盗まれたり紛失したりしないようにすることです。

秘密鍵がなくなると、所有の証明ができなくなり、
二度と保有する資産が取り戻せなくなってしまいます。
運営元でも復元できません。

そのため、秘密鍵や復元フレーズは、
ネットに繋がれていない状態で厳重管理しましょう。

仮想通貨の保管には
ウォレットが不可欠!

仮想通貨の保管にはご自身のウォレットでの管理が
ベストです。

安易に取引所に保管するのではなく、
ウォレットの基礎知識を理解した上で、
ご自身に合った保管方法を取り入れていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る