【仮想通貨】短期売買|長期保有どちらが有利?

投資の世界では、銘柄を保有する期間に応じて
短期売買・長期保有という言葉が存在します。

仮想通貨においても短期売買して儲かった人もいれば、
長期保有して儲かった人も数多くいらっしゃいます

これから仮想通貨投資を始めてみる方にとって、
どちらの投資方法が有利なのか気になるところでしょう。

今回の記事では、仮想通貨の短期売買・長期保有では
どちらが有利なのかに関してわかりやすく解説していきます。

短期売買の特徴

短期売買とは、短いスパンで
仮想通貨の売買をする手法を指します。

短期売買の種類はいくつか存在し、
短いと言えども、そのスパンは様々です。

数秒〜数分の間で取引をするスキャルピング、
1日の間で取引を終えるデイトレード、
数日〜数ヶ月のスパンで取引をするスイングトレード等、
さまざまな手法が存在します。

短期売買で成功するためには、テクニカル分析が重要です。
指標となるチャートや板から
値動きの傾向を予測していきます。
取引の精度を上げるには日々のチャート分析は欠かせません。

短期売買のメリット

短期売買のメリットは、少ない資金でも早い段階で
利益に繋がりやすい点です。

仮想通貨の特性として、ストップ制限がなく
市場自体が小さいため、
ボラティリティの高い投資で知られています。
一時的なトレンドに乗りさえすれば、
短いスパンでも大きく儲かる可能性があります。

短期売買のデメリット

一方で、短期売買にはデメリットも存在します。

まず、短期での取引を重ねるたびに毎回手数料がかかります。
取引を繰り返せば、負ける確率も高まりますので、
トレードのうまい方でもずっと勝ち続けることは不可能です。
少額の手数料も積み重なると大きくなりますので、
気をつけましょう。

また、短期売買を行う場合、最適な取引タイミングが
訪れるまで忍耐強く待たなくてはなりません。
一定時間、相場に張り付かなくてはならないため、
トレードにまとまった時間が必要です。

長期保有の特徴

長期保有とは、数ヶ月〜数年単位で長期的に
仮想通貨を保有しておく手法を指します。

開発元が一般公開するホワイトペーパーや進捗等から
仮想通貨の将来性や信頼性を判断し、
今後長期的に上昇しそうな仮想通貨を購入、
しばらく保有します。

長期保有で成功するためには、
ファンダメンタルズ分析が重要です。

実用化がこれからの段階の場合に適正価格を測ることは
難しいですが、プロジェクトの進捗や世間の期待値等から
可能性を予測してみることが大事です。

今後実用性のある期待値の高い仮想通貨であれば、
市場の拡大とともに、年単位で
価格上昇していく可能性が高いので、
投資初心者や忍耐強く待てる方にはオススメの投資手法です。

長期保有のメリット

長期保有のメリットは、仮想通貨の相場に
一喜一憂しづらい点にあります。

仮想通貨についてよく調べ確信を持った上で保有するため、
一時的な下げ相場でも、短期売買と比べて、
感情が左右されにくくなります。

長期保有のデメリット

長期保有のデメリットは、
ある程度のまとまった資金力が必要です。

長期で保有する場合、一時的な下げ相場のトレンドでも、
忍耐強く待たなくてはなりません。
そのためには余裕資金で購入を行うことが大事です。

さらに、ある程度まとまった資金で投資を行わないと、
数年待ってもそれほど大きく儲からない可能性もあります。

また、今と5年前の時価総額ランキングを比較してみると、
今も変わらずトップ10に残っているものは、
ビットコイン、ライトコイン、リップルだけです

数年経てば、需要がなくなってしまう仮想通貨も存在します。
適宜情報を入手しつつ、状況に応じて、
長期保有でも損切りを行う必要があります。

短期売買と長期保有では
どちらが有利?

このように、短期売買・長期保有それぞれに
一長一短があります。
どちらが有利なのかは一概に言えません。

もし、テクニカル分析に自信のある場合、
短期売買がオススメです。
レバレッジ取引を利用し上手くいけば、
大きく儲けられる可能性があります。
少ない資金しか持っていなくても、
短い期間で大きく増やせるかもしれません。

一方で、仮想通貨において、
投資初心者やある程度まとまった資金力があり待てる方には
長期保有がベストかもしれません。

今後仮想通貨市場は拡大していくと言われていますので、
有望な仮想通貨プロジェクトや主要通貨は
価格上昇していく可能性が高いです。

短期売買か長期保有か。人の性格によっても、
向き・不向きがあると思いますので、双方試してみて、
自分に合った投資手法を選んでいけば
よいのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る