【最新】誰でもわかる仮想通貨の勉強方法を5分で解説

これから初めて仮想通貨を購入したい・保有したい方は、
以下のような疑問を持たれることが多いようです。

 

何から手をつけていいのかわからない……
仮想通貨について勉強したいけれども勉強方法がわからない……

 

そこで今回の記事では、これから仮想通貨を購入されたい方に向けて、
まずは知っておきたい仮想通貨の勉強方法を
5分でわかるよう簡潔に解説いたします。

 

仮想通貨を学ぶための3つの勉強方法

初心者が仮想通貨を学ぶための方法は大きく分けると以下の3つです。

 

本を読む

読書は王道の勉強方法です。
仮想通貨に関する書籍は今では多く出版されています。

 

まずは多くの方が信頼を寄せている評価の高い本や
仮想通貨に関する基礎知識が網羅されている本を
2~3冊選んで読んでみることをオススメします。

 

仮想通貨やブロックチェーンとは何なのか・取引の仕方・
業界の将来性等、初心者でもひと通り理解できそうな文体で
書かれている本が良いでしょう。

 

金融や技術関係の著者が書いた本は、
それぞれの専門性から書かれている本も見受けられるので、
やや読み難い傾向があります。

 

また、ここで注意したいのは、出版年度
が古いものはなるべく避けた方が良いです。

 

もちろん、理念や歴史に関しては出版が古くても
基本的なことは変わりませんが、技術や将来性について
盛り込まれた本を読みたい場合、
仮想通貨業界のスピードが早く情報は日々更新されるため、
出版年度の新しい本を選ぶ方が良いでしょう。

ネットを使う

次に、インターネットを利用する勉強方法です。

 

ネット上には、Twitter・ブログ・動画を中心に、
仮想通貨に関する様々な情報を発信している方がいらっしゃいます。

 

ただしネットで注意しなくてはならない点は、
有益な情報を流す方と私利私欲のために
悪質な情報を流す方が共存するということです。

 

そのため、情報発信者の言うことを鵜呑みにせず、
何が正しくて何が間違っているのかを、
自身の知識や経験から判断しなくてはなりません。

 

と言っても、初心者がすぐに区別をつけることは難しいかと思います。

 

まずは、信頼性の高い大手仮想通貨ニュースメディアをチェックしたり、
フォロワー数の多いTwitterユーザーをフォローし、
情報収集することをオススメします。

 

そして、仮想通貨に慣れてきて、特定のコインを中心に
情報を追っていきたい場合、
仮想通貨プロジェクトの公式SNSやサイトを閲覧したり、
Twitterで創設者・開発者の発言を追っていくのが王道でしょう。

 

どうしても英語での発信が多くなるので閲覧に
抵抗があるかもしれませんが、
信憑性の高い一次情報を取得できるのは心強いです。

 

仮想通貨のミートアップに参加する

仮想通貨のミートアップへの参加も良い勉強方法です。

 

ビットコインやイーサリアム等時価総額の大きいコインから
新興のコインまで、様々な仮想通貨プロジェクトの主催者は
多くの人に存在を知ってもらうため、ミートアップを開催しています。

 

特定のコインに興味があれば、
仮想通貨のミートアップに参加し、
直接主催者に質問や疑問を投げかけてみるのも良いでしょう。

 

仮想通貨のオススメ勉強法をご紹介

3つの勉強方法「読書」・「ネット」・「ミートアップへの参加」を
ご紹介しましたが、どのように学んでいけばいいのか、
具体的なイメージが湧きにくい方もいらっしゃるかもしれません。

 

ここでは、初心者が仮想通貨の基礎を理解するための
ロードマップを簡単にご紹介します。
あくまでも参考程度でお読みいただければと思います。

 

まずは、仮想通貨の基礎に関して書かれた本を3冊程読みます。
3冊も読めば、同じような内容が違った言い回しで書かれているので、
仮想通貨の仕組みに関して、大体わかるようになります。

 

次に、仮想通貨取引所の口座を開設し、仮想通貨を少額でも購入・
保有してみることをオススメします。自分で購入し
保有してみることは最も学ぶ意識を高めてくれるように感じます。

 

その後、仮想通貨ニュースメディアで日々の情報を追ったり、
有力なブログを見つけて勉強を重ね知識を身につけていくのが
取り組みやすい方法ではないでしょうか。

 

まとめ

今回の記事では仮想通貨の勉強方法を簡潔に解説しました。

 

読書・ネット・ミートアップ等、どの方法からでも
仮想通貨の勉強をすることはできます。

 

また、学習意識を高めるために、自ら仮想通貨を購入し
保有してみることもオススメです。

 

ぜひこの機会に、自分に合った勉強方法を見つけて、
日々学習に取り組まれてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る