いまさら聞けない仮想通貨とトークンの違い

仮想通貨とトークンの違いをご存知でしょうか。

 

どちらも仮想通貨取引所に上場しており、自由に売買を行えるという点で、
基本的には似たような概念で捉えられることが多いです。

 

しかし、正確に述べると、仮想通貨とトークンは似て非なる概念であり、
投資を行う上で押さえておきたいポイントであります。

 

今回の記事では、初級者も中上級者も知っておきたい
仮想通貨とトークンの違いをわかりやすく解説致します。

 

トークン(token)の定義とは?

トークンという言葉を聞いたことがありますか?

 

フリー百科事典でお馴染みのwikipediaで調べると、
トークンとは代用貨幣のことです。

 

お金の代わりに用いられるもので、海外のメトロやバスでは
乗車券として使われる機会があります。

 

つまり、トークンは企業や団体が自由に発行し、
それぞれのサービス上でのみお金の代わりに
利用することができる貨幣を指します。

 

例えば、企業が発行するポイントカードや交通系ICカードも
トークンに似たような役割を果たします。

 

楽天ポイントやAmazonポイントを貯めると、
消費者は各企業の商品やサービス購入にお金の代わりに
利用することができるのと同じような仕組みです。

 

仮想通貨とどう違う?仮想通貨におけるトークンとは

まず、それぞれの定義を解説します。

・仮想通貨は、独自のブロックチェーン上で発行された通貨
・トークンは、既存のブロックチェーンを利用して発行されたモノ

仮想通貨とトークンの違いは、ブロックチェーンにあります。

 

上記の説明ではわかりづらいかと思いますので、
もっとわかりやすく解説していきます。

 

例えば、ビットコインやイーサリアムは仮想通貨です。
というのは、これらの通貨は、独自のブロックチェーン上で
発行され流通が行われているからです。

 

一方で、バイナンストークン(BNB)やオミセゴー(OMG)はトークンです。

 

ERC20トークンと言って、イーサリアムの技術を利用し、発行されています。

 

仮想通貨においては、上述のように既存のブロックチェーンを
借りて発行されたモノをトークンと呼び、概念を分けています。

 

企業がトークンを発行する目的

それでは、企業が事業を行う際に、独自のブロックチェーンを作らず、
わざわざ既存のブロックチェーンを借りて発行するのはどうしてでしょうか。

 

発行主体にとって、実は大きなメリットがあります。

 

発行主体が独自のブロックチェーンを一から作ると
時間もお金もかかりますが、既存のブロックチェーンを
使うことで仕組みや技術を借りることができるため、
資金調達を容易に行うことができるのです。

 

トークンは株式よりもスピーディかつ容易に
お金を集めることができるため、
さまざまな企業から注目を集めているのです。

 

このように、トークンを使ってお金を集める仕組みを
ICO(新規仮想通貨公開)と呼んでいます。

 

トークンを購入するメリット・デメリット

企業はトークンを使って資金調達を行うのですが、
その企業に魅力がなければ、私たちはそもそもトークンを購入するに至りません。

 

価値が上がるかどうかわからないモノにお金を預けることはありません。

 

もちろん、企業はトークンにどんな価値があるのかを
知ってもらうために、ホワイトペーパーを発行します。

 

ホワイトペーパーには今後の事業内容やロードマップや
技術力などが記載されています。

 

多くのトークン購入者は、ホワイトペーパーや
他資料を読んでトークン内容を理解し、
時には開発者コミュニティに参加したりしながら、
トークン購入・保有を行います。

 

もし企業や団体がその事業に成功したりすると、
トークンの価値は上昇し、大きく儲かる可能性があります。

 

一方で、トークンを購入するリスクも存在します。

 

そのプロジェクト自体が詐欺であったり、
事業が失敗した場合、トークンは電子ゴミと化す可能性があります。

 

トークンの中には、上場すらしていないモノも多々あるそうなので、
本物のプロジェクトを見分ける多少の目利きも必要です。

 

まとめ

仮想通貨とトークンの違いは理解できましたでしょうか。

 

仮想通貨と違って、トークンは既存のブロックチェーンを
利用して発行されるモノです。

 

その容易さゆえに、トークンは企業にとって魅力的な
資金調達手段だと解説致しました。

 

今後もトークン自体は増え続けていく可能性が高いので、
新たにトークンを保有されたい場合、
きちんとプロジェクト内容を理解し、
確信を持ってから保有するようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る