仮想通貨FX?やり方をわかりやすく解説!

仮想通貨FXとは、ビットコインを始めとする
仮想通貨を用いた証拠金取引です。



少額の資金しかなくてもレバレッジを
使って大きく稼ぐことができるのが特徴です。

 

でも、「FXは儲かりそうだけど、なんだか怖そう」と
漠然とお思いではありませんか?

 

FXは少しの点を気をつけるだけで大きく勝ち負けが変わってきます。

 

今回の記事では、仮想通貨FXに興味のある初心者に向けて、
仮想通貨FXの特徴ややり方をわかりやすく解説致します。

 

仮想通貨FXの特徴

まずは、ビットコインFXの3つの特徴をご紹介します。

 

少ない資金でもレバレッジをかけて大きな金額で取引できる

FX(証拠金取引)は、取引所に担保として証拠金を預けることで、
レバレッジをかけて自分の預けた金額以上の取引を行えるようになります。

 

レバレッジとは、いわゆるテコの原理を指し、
少ない資金でも大きな金額を動かすことができるのです。

 

例えば、保有資金10万でレバレッジ5倍をかけるなら、
50万円分の取引を行うことが可能です。

 

この時、1BTC=50万円で購入し、
1BTC=52万円になれば、2万円の利益を出せます。

 

空売り(ショート)ができる

投資用語で、売買時に買いから入ることをロング、
売りから入ることをショートと呼びます。

 

現物取引では、ビットコインを買って(保有して)、
価格が上昇したら売却し利益を出します。ロングのみ行えます。

 

しかし、FXでは下げ相場でも利益を取ることができるのです。
つまり、取引所から仮想通貨を借りて先に売りから入り、
価格が下がったタイミングで、買い戻すという手法です。

 

FXの場合、ロングとショートどちらからでも入ることができ、
現物取引に比べて、2倍の売買機会があります。

 

24時間365日取引可能

最後に、仮想通貨FXは、いつでも取引可能という特徴が挙げられます。

 

通常のFXは、平日の24時間しか取引できませんが、
仮想通貨FXは土日も含めて24時間365日取引できます。

 

平日は仕事で忙しい方でも、休日にリラックスした状態で
取引を行うことができるので始めやすいです。

 

仮想通貨FXの基本的なやり方

各取引所によってシステムは異なりますが、
基本的には現物取引同様のやり方です。


まずは、各取引所にアカウントを作成し、トレード口座に入金しましょう。

 

FX対応の国内取引所であれば、DMM BitcoinやGMOコイン、
BITPOINT、bitbankが有名です。


これらは追証のない取引所なので、比較的安全です。

 

FX取引の手順は以下の通りです。

1、レバレッジ取引を選び、注文量を決める
2、ロングかショートかを決めて発注する。
3、タイミングよく決済をする。

 

現物取引同様、簡単に取引が行えます。

 

ここで、FX取引を行う上で注意したいことは、
取引機会が増えたからといって、
むやみにポジションを取らないことです。

 

初心者にありがちなのですが、「負けたら取り戻そう」
という心理が働いてしまい、無駄な取引を行ってしまうケースがよく見られます。

 

しかし、そのような心理状態では冷静に取引を行えず、
結果的にさらに多くの資金を失ってしまう可能性が高くなります。


ポジションをとればとるほど、負ける確率も増えるのです。

 

まずは、余裕資金でトレードを行い、「負けたらその日は
トレードしない」と決めて、勉強代と割り切りましょう。

 

仮想通貨FXで気をつけるべきリスク

FXを行う場合、仮想通貨取引所によっては、
10倍、20倍で取引可能な取引所があります。

 

レバレッジが大きくなればなるほど、儲かる額も大きくなる反面、
自己資金をすぐに失くしてしまう可能性が高くなります。

 

どの取引所でもロスカット(損切り)という仕組みが備わっており、
含み損が保有資産の何割かに達すると、強制的に約定してくれます。

 

執行のタイミングは取引所ごとに異なりますが、この仕組みにより、
トレード口座にある以上のお金を失ったり、
借金を負うことはほとんどありません。

 

しかし、FX取引を行う以上資金を稼ぐことが目的なので、
レバレッジの低い取引を行い慣れてから、
徐々に高いレバレッジ取引をされることをオススメします。

 

FXはゼロサムゲームと言われ、勝っている人もいれば、
その裏には負けている人もいることも忘れないようにしましょう。

 

まとめ

2018年の仮想通貨相場は、2017年のような上昇トレンドでなく、
保有していれば儲かるという相場ではありません。

 

仮想通貨FXであれば、このような相場においても、
儲けることができます。

 

上げ相場でも下げ相場でも利益を得ることができるため、
単純に売買機会が2倍になります。

 

しかし、FXにおけるレバレッジ取引にはリスクがつきものです。
初心者が高レバレッジで取引を行ってしまうと、
すぐに資金不足になる可能性が非常に高くなります。

 

まずは、現物取引やロングでの取引からコツを掴み、
慣れた時点で、少しずつレバレッジを上げて
様子を見るのがオススメでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る