【販売所と取引所】今更聞けない仮想通貨の基礎知識

仮想通貨交換所には販売所と取引所の2種類があります。

 

販売所と取引所の両方が備わっているビットフライヤーのような取引所もあれば、
DMM bitcoinのような販売所メインの取引所もあります。

 

特に国内においては、ビットコインとイーサリアムのみ
取引所で扱っているケースが多いです。

 

しかし、仮想通貨をこれから始めようとする方々にとって、
その違いがわからない人も少なからずいらっしゃるでしょう。

 

今回の記事では、仮想通貨を始める前に知っておきたい、
販売所と取引所の違いを中心にわかりやすく解説致します。

 

販売所と取引所の違い

仮想通貨の販売所と取引所の大きな違いは、
どこから購入するのかという購入先です。

 

販売所は、仮想通貨交換業社と仮想通貨の売買をします。
例えば、GMOコインやビットフライヤーといった販売元から直接購入します。

 

一方で、取引所はユーザー間での取引です。
どの値段で売りたいか・買いたいかの注文情報を
把握できる「板」を使って、他のユーザーから購入します。

 

また、販売所と取引所で、手数料も異なります。
手数料は取引所が断然安いです。

販売所は、販売元の手数料が上乗せされている分、
購入価格と売却価格で差が存在します。

 

販売所のメリット・デメリット

販売所の利用は、インターネット上で
仮想通貨交換業社から直接売買をする方法です。

 

販売所のメリット

ビットコイン・アルトコイン販売所では、
販売所の提示する価格ですぐに購入することができます。

 

また、取引所と比較しても、簡単な操作で売買できるので、
初心者で安心して仮想通貨を購入したい方には向いていると言えるでしょう。

 

販売所のデメリット

デメリットは、販売元の手数料が上乗せされているため、
売買時の手数料が高いことが挙げられます。

 

販売所によって手数料は異なりますので、
価格の乖離の少ない販売所を使うことをお勧めします。

 

取引所のメリット・デメリット

取引所の利用は、「板」を利用して、
ユーザー間で直接取引する方法です。

 

売買価格はユーザー同士の需要と供給により決まります。

 

取引所のメリット

取引に参加しているユーザー間で取引を行うため、
取引手数料が安いです。

 

特にビットバンクやビットポイントの取引所を利用すれば、
手数料は無料で売買することができます。

 

そして、販売所の場合、提示された金額でしか
購入できませんので、基本は値段を指定できない成行注文のみです。

 

一方で、取引所では、自分の決めた価格で購入できる指値での発注が可能です。

 

これにより、いきなり暴落や暴騰が起きて
価格が大幅に変わったとしても、自分の決めた金額にならない限り決済されません。

 

取引所のデメリット

まず、取引所で扱われている銘柄数が少ないことが挙げられます。

 

国内ではビットコインやイーサリアムしか
取り扱っていないケースも多いので、
国内取引所においては選択肢が少ないことがデメリットです。

 

また、取引所では、販売所と異なり取引数量が限定されます。

買い数量は決まっており、それ以上の数量を購入しようとなると、
より多くのお金が必要となります。
売り数量の場合も同様です。

 

それに加えて、仮想通貨はボラティリティが高いため、
予想を上回る買いや売りが殺到し、
注文エラーやキャンセルが起こる可能性があります。

 

自身の望む価格で、いつでも自由に売買できるわけではないので、
慣れない人にとってはややこしさを感じる部分があるかもしれません。

 

販売所と取引所の双方を使い慣れてみよう

仮想通貨の販売所と取引所は、双方にメリット・デメリットが存在し、
一概にどちらがいいとは言えません。

 

そのため、最初は安心して売買するために販売所を利用し、
取引に慣れた頃に取引所を使って安く購入するのが良いでしょう。

 

そして、大量の発注をする場合も、
提示された価格で安心して購入できる点から、
販売所の利用が良いかもしれません。

 

まずは、少額から仮想通貨取引を行ってみましょう。
初めての板取引であれば、手数料の安い
ビットバンクとビットポイントを利用するのがオススメです。

ページ上部へ戻る