【ビットコインFX】大損しないための取引所選び

手持ちの資金以上の取引ができるビットコインFXをご存知でしょうか。

ビットコインFXは、ビットコインを用いた証拠金取引であり、
少額の資金でもレバレッジを上げることで大きな金額での売買ができることが特徴です。

ビットコインFXで成果を出すには、取引所選びが非常に重要です。

今回の記事では、ビットコインFXで大損しないためには、
どのような取引所を選ぶべきなのかポイントを解説致します。

ビットコインFXとは?

一般的に、FXとは、現物取引と違って差金取引であり、
ドルや円といった法定通貨の為替レートの差額で
利益を得る取引手法を指します。

ビットコインFXとは、仮想通貨の差金取引のことで、
少額の金額でもレバレッジをかけることで
大きな金額での取引をすることができます。

現物取引とは違って、ショート(売り)ポジションから
入って買い戻すことで利益を得られます。
最近の下落相場でも大きな利益を得ることができるので、非常に有利です。

もちろん、大きな金額での取引になる分、相応のリスクも存在します。

仮想通貨はもともとボラティリティ(価格変動率)が非常に高いです。
その上、数倍のレバレッジをかけることになると、
相場の動きとご自身の予測が異なった場合、
大きな損失が出てしまうため、注意が必要です。

また、FX取引にはロスカット制度があります。
損失が一定水準を超えた場合、強制的にポジションが閉じられます。

レバレッジを高くしすぎたり、十分な証拠金がないと、
すぐに自動的に決済されてしまうので、気をつけましょう。

FX取引は難易度が高いですが、トレードに自信があり
短期間で大きく儲けたい方にはオススメです。

大損しないためには取引所選びが重要

ビットコインのFX取引で、勝率をあげられるように、
適切な取引所選びのポイントを5つご紹介致します。

・手数料が良心的である
・サーバーが強い
・取引高が多く流動性が高い
・追証の有無
・アプリが使いやすい

手数料やスプレッドが良心的である

ビットコインFXで勝率を上げるには、
取引手数料が安いことはもちろん、スプレッドの狭さも重要です。

スプレッドとは、購入価格と売却価格の差を指します。
スプレッドが狭いほど、その分利益を出しやすくなります。

仮想通貨の販売所ではスプレッドが広く設定されているので、
購入時は取引所を利用しましょう。

サーバーが強い

瞬時の判断が必要なビットコインFXにおいて、
サーバーの強さは非常に重要です。

取引所のサーバーが弱いと、必要な時にポジションを取れなかったり、
利益確定できなかったりするなど注文が通らない可能性があります。

大きな損失を出してしまわないように、万が一に備えて、
サーバーシステムの強い取引所を選ぶようにしましょう。

取引高が多く流動性が高い

取引高が多く流動性が高い取引所においては、
売買注文が予想通りに通りやすくなっています。

また、取引高が大きいと、仮想通貨を売りたい人の数も大きくなるため、
仮想通貨を欲しい分だけ瞬時に手に入れられる可能性が高いです。

追証の有無

追証とは追加証拠金のことです。

証拠金はFX取引を行う際に取引所に担保として預ける必要のあるお金ですが、
現在保有している証拠金が、取引に必要な証拠金を下回った場合、追
加で証拠金の支払いを求められるケースがあります。

取引所によって追証の有無は異なるので、取引リスクを減らすためにも、
初めから追証のない取引所を選ぶことは大事です。

アプリが使いやすい

手軽なことから、iPhoneやスマートフォンで取引される方も増えています。

そのため、アプリのインターフェースはシンプルで使いやすいものである必要があります。
アプリの使いやすさで言えば、GMOコインやビットポイントは優秀です。

まずは口座開設をしてみよう

ビットコインFXに勝つためには、取引所選びが重要です。

今回ご紹介した5つのポイントに当てはまるものを選んでいく必要があります。
取引手数料の安さ・流動性の高さ・サーバーの強さ・追証の有無などを
よく調べた上で、まずは口座開設から始めてみましょう。

また、ビットコインFXを行う場合、くれぐれも
ロスカットや証拠金不足にならないよう、十分注意してください。

関連記事

ページ上部へ戻る