マイニングの利益率はどれくらい?利益が出ない噂は本当なのか?

仮想通貨で利益を得る方法には、
トレード以外にマイニングという方法もあります。

 

お持ちのパソコンを利用して、
マイニングに成功すれば仮想通貨を得られる仕組みです。

 

仮想通貨の価値が認められつつある現在、
個人はもちろん大手企業も続々とマイニング事業に参加しています。

 

今回の記事では、現時点で個人がマイニングを行えば
どれくらいの利益が得られるのかを検証してみます。

マイニングとは?

ビットコインでは、世界中にあるコンピュータの演算処理能力を利用して、
取引の承認や確認作業が行われています。

取引記録は、一定間隔で一つのブロックにまとめられ、
チェーンに繋がれていきます。

 

マイニングとは、上述のブロック生成に必要である膨大な計算作業を指します。

 

また、コンピュータを運営しマイニングを行う人を、
マイナー(採掘者)と呼んでいます。

 

そして、この計算作業で最も早く正しい回答にいたり
ブロックを生成したマイナーには、
報酬として新規発行された仮想通貨が与えられます。

 

このマイニングの過程によってのみ、
新規の仮想通貨が発行される仕組みです。

 

アルトコインでもマイニングできる

マイニングは、ビットコインだけではなく、
アルトコインでも行うことができます。

 

ビットコインのマイニングと言えば、専用の機材が必要です。

 

しかし、ライトコインであれば、一般的に使われている
家庭用パソコンでもマイニングができるので、
比較的始めやすいと言えます。

 

他にもビットコインキャッシュやイーサリアム、
モナコイン等でもマイニングが可能ですので、
既に多くの個人・法人の行うビットコインよりも
アルトコインから始めてみるのも良いかもしれません。

 

仮想通貨マイニングをする3つの方法

仮想通貨のマイニングには、個人で行う方法とグループで行う方法があります。

 

具体的には、ソロマイニング・プールマイニング・クラウドマイニングの3種類です。

 

どのやり方を選ぶにせよ、まずは仮想通貨ウォレットの準備が必要です。
ウォレットは取引所に備え付けのウォレットで構いません。

 

但し、マイニングを行う仮想通貨によっては、
特定のウォレットしか利用できない場合がありますので、
事前に調べてから準備を行いましょう。

 

それでは、それぞれのマイニング方法について解説していきます。

 

ソロマイニング

ソロマイニングとは、個人でマイニングを行う方法です。

 

個人でマイニングを行う場合、
高価な専用機材を買い揃える必要があります。

 

例えば、ビットコインの場合、
GMOグループの提供する最新のマイニングマシンGMOminerB3で約23万円です。

 

イーサリアムなどアルトコインのマイニングに不可欠な
グラフィックボード(GPU)でも数万円はかかります。

 

また、マイニングを行う仮想通貨に応じて、
マイニングソフトのダウンロードを行います。

 

このように、ご自身でマイニングを行うには
相応の専門知識が必要なため、
初心者には非常に難しくオススメできません。

 

さらに、ソロマイニングのデメリットは、成功確率が低い点にあります。

 

ビットコインやビットコインキャッシュのような
時価総額の大きな仮想通貨には、多くのマイナーが参加しており、
競争力が高まっています。

 

常に最新の機材を買い揃えている資本力のある大企業も参加しているため、
個人では報酬を得ることは難しいのが現状です。

 

既に専門知識があり、機材代・毎月にかかる電気代と
成功報酬を比べて費用対効果が見合うようであれば、
ソロマイニングを検討してみてはいかがでしょうか。

 

プールマイニング

プールマイニングは、複数人で協力してマイニングを行う方法です。

 

プールマイニングでは、ご自身のもつコンピュータのマシンパワーを
ネットワーク経由で提供し、そのパワーに応じて報酬を得ることができます。

 

まずは、プールマイニングを行う人たちのコミュニティである
「マイニングプール」に登録することが必要です。ANTPOOLやF2Poolが有名です。

 

マイニングが成功すれば、マイニングプールに
参加している人たちで報酬は山分けとなるため、
ソロマイニングと比べて報酬は少ないですが、
報酬を得られる確率は高くなります。

 

ソロマイニングのような設備投資の必要はないため、
手軽に始めやすいことがメリットです。

 

但し、ソロマイニング同様、電気代がかかりますので、
報酬に見合うのかどうか見極めが大切です。

 

クラウドマイニング

クラウドマイニングは、大規模にマイニングを行なっている企業に
投資をすることで、その配当として利益を得る方法です。

 

実際に自分でマイニングを行わないため、
機材の購入・電気代のコスト・専門知識も必要ありません。

 

実績のあるマイニング企業に投資するだけで、
投資した金額に応じて報酬が配分されますので、
最も簡単にマイニングに参加できる方法です。

 

クラウドマイニングでは、GenesisMiningとHashFlareが有名です。

 

但し、契約期間は数年単位であることから投資の回収に
時間がかかる可能性やマイニング企業の倒産リスク等デメリットも存在します。

 

また、マイニングで得た報酬から企業の
手数料が差し引かれる場合もありますので、注意が必要です。

 

マイニングの利益率はどれくらい?

結論を申し上げますと、個人でマイニングを行うのはオススメしません。

 

機材代・電気代を考えると、国内では採算が合わない可能性が非常に高いです。

 

マイニングにかかる電気代を考えると、
中国のような電気代の安い国やアイスランドのような
寒い国で行った方がコストを安く抑えられます。

 

また、ソロマイニングの成功確率を上げるには、
良い機材を買い揃えることが重要ですので、
資本力のある企業には個人が太刀打ちすることは難しいのが現状です。

 

それでは、最も手軽にできるマイニング法として
注目を集めるクラウドマイニングの場合どうでしょうか。

 

まず、大手マイニングファームGenesisMiningを例にとって確認してみましょう。

 

GenesisMiningでイーサリアムをマイニングした場合の利益は?

イーサリアムのマイニングコースの中にある「Radiant中」のコースを選んでみます。

 

ハッシュレートは75MH/s、1,500ドルで2年契約になります。
メンテナンス費用が1日当たりMH/s当たり0.004ドルなので、75MH/sですと、0.3ドルです。

 

日本円に換算すると、1ドル110円レートで約165,000円の投資金額、1日当たり約33円かかります。

 

クラウドマイニングで想定される利益の計算にはCrypto Compareを使用します。
CurrencyをETHに変えて、Hashing Powerに75(MH/s)を入力します。

 

2年で、59,202円の売上が出ていますが、
手数料2年分である219ドル(24,090円)を引くと、
利益は35,112円です。

 

利益率はマイナス約80%で大赤字です。

 

2018年12月8日の価格レートでは、
クラウドマイニングで儲けることはかなり厳しい状態のようです。

 

また、定期的に起こるマイニングの難易度調整によっても、
損益は変動しますので、数年後の利益計算を予測するのは難しいと言えます。

 

GenesisMiningでビットコインをマイニングした場合の利益は?

ビットコインのプラチナコースを選んでみます。

 

ハッシュレートは5TH/s、250ドルで2年契約になります。
メンテナンス費用は1日あたりのTH/sにつき、0.14ドルです。

 

日本円に換算すると、1ドル110円レートで約27,500円の投資金額、1日当たり約77円かかります。

 

計算を行うと、2年で62,169円の売上、
手数料2年分である56,210円を引くと、
利益は5,959円です。イーサリアム同様に、
現時点の利益率はマイナス約80%で大赤字です。

 

まとめ

マイニングにはソロマイニング・プールマイニング・クラウドマイニングの3種類があります。

 

初心者には専門知識を必要とせず、
投資をして配当が得られるクラウドマイニングから行うことがオススメです。

 

しかし、価格変動やマイニングの難易度調整によって、
想定よりも大きく損益が変わる可能性がありますので、注意が必要です。

 

まずは、マイニングについて学習しつつ、少額から購入してみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る