ブロックチェーン技術の仕組みをわかりやすく解説!仮想通貨初心者ガイド

ブロックチェーンは、「インターネット以来の発明」と言われています。

 

もともとビットコインの中核技術として利用されており、高い安全性や信頼性を担保できる技術であることで脚光を浴びました。

 

昨今、仮想通貨やフィンテック以外のさまざまな分野に応用できることがわかり、実社会のあらゆる産業で広く浸透していく技術であります。

 

この記事では、社会を変えうるブロックチェーン技術が何であるのかを知りたい初学者に向けて、その仕組みや実用性をわかりやすく解説していきます。

ブロックチェーンの仕組みとは?

ブロックチェーンとは、一言で表すと、誰でも閲覧のできる公開台帳のことです。台帳とは、取引履歴を記録する帳簿を意味します。

 

通常の銀行間取引の台帳では銀行と預金者のみ閲覧できますが、ブロックチェーンでは世界中のどこでもインターネットさえ繋がっていれば、第三者の誰もが取引記録を閲覧することができます。

 

複数のコンピュータ(ノード)によって、取引に不正がないよう取引データの記録を行う台帳を監視・管理し合っているのです。

 

このように、ブロックチェーンは、複数のコンピュータで管理し合う非中央集権型の仕組みを採用していることから分散型台帳とも呼ばれます。

 

それでは、なぜブロックチェーンと呼ばれているのでしょうか。

 

その由来は、一定期間ごとに「AさんからBさんへ送金を行う」といった取引を束ねて一つのブロックにまとめ、時系列で鎖のようにつなげて記録していくことから、ブロックチェーンと呼ばれています。

ビットコインの場合、最初の取引である2009年1月3日以降のデータが全て記録されており、誰もが閲覧できるようネット上に公開されています。

ブロックチェーンの3つの特徴

ブロックチェーンには、大きく分けて3つの特徴があります。

  • 改ざんや不正がほぼ不可能である
  • 大幅なコストダウン・スピーディな取引
  • 第三者を介さず経済的価値の移転ができる

改ざんや不正がほぼ不可能である

ブロックチェーン上に取引が記録されると、改ざんや不正がほぼ不可能となります。

ブロックチェーンでは、中央管理者が存在せず、複数のコンピュータによってデータを管理しあう仕組みを取っていることで、一つのコンピュータのデータを書き換えても、他の場所からデータを復元することができます。

一つのコンピュータが攻撃を受けたり何らかの障害でダウンしても、世界中に存在する他の参加者のコンピュータを同時にダウンさせない限り、システムダウンすることもありません。

そして、全取引はチェーン上で繋がっているため、一つの取引を改ざんするには、他の全取引も改ざんしなくてはなりません。

この仕組みのおかげで、通貨の偽造や二重払いなど不正利用を防いでいます。

 

また、前述では「改ざんがほぼ不可能」であると記しました。厳密に言うと、とてつもなく優れた計算能力をもつコンピュータがない限り、理論上破られることはありません。

将来普及する可能性がある量子コンピュータを使えば、暗号技術が破られるのではないかとの言及がありますが、今後の量子コンピュータの登場に備えて強い量子耐性をもつ技術も並行して研究・開発されています。

 

大幅なコストダウン・スピーディな取引

ブロックチェーンは管理者不在の直接取引を可能にするため、コストを大幅に削減することができます。

従来の金融機関では、一つのサーバーで取引記録を管理しており、管理コストやセキュリティコストに莫大な金額がかかっていました。

一方で、ブロックチェーンによる分散型台帳の場合、世界中にあるコンピュータで分散して管理・監視し合うため、大幅にコスト削減することができます。

例えば、金融インフラや貿易サプライチェーンにブロックチェーンを導入すれば、既存の10分の1程度にコスト削減できると言われています。

 

また、中央管理者不在の直接取引となるため、スピーディな取引が可能となります。

金融インフラにおいて国際送金分野で注目を浴びるリップルネットワークを導入すると、通常の銀行間取引では数日かかる取引を、わずか数秒で完了とすることができます。

 

第三者を介さず経済的価値の移転ができる

今までのインターネットは、情報の真偽の判断が難しく信頼性がありませんでした。

なりすまし被害やフィッシングサイト詐欺などインターネットを介したトラブルは後を絶たず、第三者間での経済的価値の移転は難しい状況でした。

ネームバリューがありセキュリティに莫大なコストをかけている大手企業ですら、顧客情報の流出やハッキングによる被害が相次いでいます。

現在のインターネットの仕組みでは、安心して利用することが難しい状況と窺えます。

 

一方で、ブロックチェーンは、中央管理者を介さず第三者の個人や組織を信用する必要のない仕組みとなっています。

ブロックチェーンが普及すれば、安心して経済的価値を送れるようになるだけではなく、登記や所有権等の契約の移転も自動的に行えるようになります。

 

ブロックチェーンはさまざまな分野に応用される

ブロックチェーン技術は、ビットコインのような仮想通貨だけに止まらず、さまざまな分野で実用化されつつあります。

 

ここでは、いくつかの活用事例をご紹介致します。

国際送金での活用事例

現在の国際送金ではSWIFTのネットワークが活用されていますが、送金に数日間かかる上に高い手数料を取られるのが難点です。

 

発展途上国から先進国に出稼ぎにきている貧しい労働者が、稼いだお金を家族のために母国へ送金する際に毎回高い手数料が取られていることで、問題となっています。

 

一方、リップル社のブロックチェーンを利用すれば、国をまたぐ取引でも、わずか3~5秒で送金可能です。

 

また、SWIFTでは通常数千円以上かかる手数料ですら、リップル技術を利用すると数十円〜数百円で送金を行うことが可能となります。

 

2018年5月、三菱UFJフィナンシャルグループ傘下のアユタヤ銀行の口座からスタンダードチャータード銀行口座へ、リップル技術を利用した実証実験が行われ、わずか数秒での送金に成功したことが発表されました。

 

近い将来、国際送金分野でのブロックチェーン活用が進み、世界中の人と気軽にお金のやりとりができる未来が実現することになるでしょう。

 

貿易サプライチェーンでの活用事例

ブロックチェーン技術を活用すれば、貿易業も変わります。

 

国際貿易では、一般的に文書でのやり取りや多くの事務作業が必要です。時間やコストがかかる上に、人的ミスによる取引エラーも避けられません。

 

しかし、貿易業にブロックチェーン技術を利用することで、大幅なコスト削減・業務の効率化が期待できます。

 

例えば、IBMと海運大手マースクは、ブロックチェーン技術を利用した貿易プラットフォームを開発しました。

 

貿易業者が同プラットフォームを導入することにより、従来の紙ベースでの書類手続き・業務管理体制をデジタル化することに成功しました。

 

プラットフォーム上では、貿易貨物の位置情報や輸送状況の確認、税関書類の状態、あらゆる文書データの確認をリアルタイムに行うことができます。

 

さらに、ブロックチェーンの改ざん耐性のおかげで、物流工程における不正が行われることはなく、高い透明性をもたらすことが証明されたのです。

 

ゲーム分野での活用事例

ブロックチェーン技術はゲーム分野でも利用されています。

 

昨年12月イーサリアム・ブロックチェーンを活用したゲーム「クリプトキティーズ」が発表され話題になりました。

 

同ゲームでは、ブロックチェーン上でネコを集めたり、他ユーザーと売買したり、交配させたりして遊ぶことができます。

 

集めたネコのコレクションは、ブロックチェーン上に存在し、ネコの所有権や取引履歴が記録されるので、不正にデータを盗んだり、複製したりすることができないようにユーザーの権利が保護される仕組みとなっています。

 

まとめ

ブロックチェーン技術は、高い信頼性と安全性を確立し、劇的にコストが削減されることで、さまざまな業界から注目を浴びています。

 

今後は、仮想通貨決済や送金分野はもちろん、ゲーム・音楽や映像の著作権・自動車の所有権移転・不動産登記など多岐にわたる分野での実用化が進んでいきます。

 

ここ数年以内で、ブロックチェーン技術は一般に普及し、私たちの日常生活に浸透する可能性は非常に高いでしょう。

 

爆発的に普及する前に、ブロックチェーン技術の仕組みを理解し、時代の流れを先に掴んでおくことは将来を見据える上で大切であると言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る