現在のリップルの相場価格から今後の値動きを予想する!与沢翼氏はどう動くのか?

仮想通貨リップル(XRP)は、銀行間の国際送金分野において、スピーディかつ低コストで送金できるブリッジ通貨として、非常に注目を集めています。

2018年、リップル社は各国の金融機関や決済業者との提携を進めており、実際にリップルを活用した送金実験を行う金融機関は増えています。

最も実用化に近い信頼性のある仮想通貨である一方で、リップルの相場価格は年初より下がり続けています。

果たして今後のリップルの値動きはどのようになっていくのでしょうか。

この記事では、仮想通貨リップル投資家として知られる与沢翼氏によるTwitterでの発言を踏まえながら、現在のリップルの相場価格から今後の値動きを予想していきます。

リップル社と仮想通貨リップルについて簡単に解説!

仮想通貨リップルは、銀行間の国際送金だけで活用されるわけではありません。

リップルを開発したリップル社の本来の目的は、「価値のインターネット」の実現です。「価値のインターネット」とは、情報が移動する速さと同じように瞬時に価値を移転できることを表します。

私たちがSNSを使って異国の人とメッセージを送り合うような感覚で、価値の移動も瞬時に低コストでできる世界の構築を目指しています。

その第一歩として、国際送金・決済に特化したプロジェクトを行なっているのです。

リップル社の役割

リップル(XRP)は時に中央集権的通貨として揶揄されることがあります。

仮想通貨の本質は非中央集権性にある一方で、リップル社が多くを管理しているため、リップル社に何かあればリップルネットも機能しなくなるのではないかと疑問の声があがっています。

しかし、リップル社は、分散台帳技術(DLT)を活用し、シームレスに国際送金や瞬時の決済ができる技術を提供しているにすぎません。

 

現在では、多くの金融機関や決済業者によって、リップルネットワークは管理されています。この管理者の役割はバリデータと呼ばれています。

 

そのため、仮にリップル社がなくなろうとも、バリデータが存在する限り、リップルネットは動き続けます。

仮想通貨リップルの役割は?

仮想通貨リップル(XRP)は、リップルネット内で、法定通貨・仮想通貨間の即時の送金や決済時に利用されるブリッジ通貨の役割を果たします。

 

金融機関は、XRPをブリッジ通貨として利用することで、海外の決済用口座(ノストロ口座)に外貨を準備する必要なく、スピーディかつ低コストで国際送金できるようになります。

与沢翼氏のリップルに対する見解

多額のリップル保有者として知られる与沢翼氏をご存知でしょうか。

 

現在、31万人以上のTwitterフォロワーを誇る同氏は、Tweet上でも仮想通貨に対する独自の見解を述べており、実業家・投資家として海外を拠点に活動しています。

 

与沢翼氏のXRP購入は2017年9月です。購入以前は仮想通貨に対して懐疑的な意見を持ち合わせていましたが、綿密な調査により仮想通貨の将来性に確信したようです。

同氏は、昨年9月に平均取得単価21.8円で1億円相当のXRPを現物購入し、年始の1月9日に1XRP=300円前後の価格で一部売却しています。売却額は約12億円相当です。

 

短期的な暴騰の過熱感から保有XRPの一部を売却していますが、後程買い増しも行い、長期的な視座でXRP保有を宣言しています。

 

与沢翼氏は、リップルにどのような未来を予見したのでしょうか。同氏の過去のツイートをご紹介していきます。


与沢翼氏は、リップル社や関連会社のIR等から事業状況をチェックし、投資家目線でリップルは大きく成長する可能性があると読み解いています。

2017年12月のツイートから早一年が過ぎました。2018年はBittrexやKucoinなど多くの取引所に上場し、米国公認大手取引所Coinbaseにも上場が予定されています。

リップルは、政府や金融機関とバランスを取りながら、社会的に認められていくと与沢氏は予見しています。

 

実際に、2018年10月に行われたリップルの開催するSWELLに、サウジアラビア・ブラジル・カナダの中央銀行に関わる方々が出席されています。

 

また、英国中央銀行もリップルを研究対象として公式発表しています。

2018年12月現在、リップルのフォロワー数は90万人を超えています。現在の価格は1ドルを割っていますが、2018年初に最高値400円を超えたことは記憶に新しいでしょう。

RIPPLE社で働くメンバーは、各金融機関・政府機関・大手企業で働いた経験をもつ方々が多く、錚々たるバックグラウンドを持っています。

 

現在、リップル社は世界中にある100社以上の金融機関や送金業社と提携しておりますが、このような実績は、優秀かつ人脈力あるメンバーのおかげであると言えるでしょう。

リップルの今後の値動きは?

リップルは、2018年初に1XRP=400円以上の最高値を記録更新しましたが、現在は弱気相場の影響を受け、30円台前半を推移しています。

 

与沢翼氏は、「リップルには他の仮想通貨にはない優位性がある」と述べています。リップルの価格は下落しておりますが、「損切りをする必要もなく、XRPの価格が上がる日を楽しみにホールドしておくとよい」との見解です。

 

与沢翼氏はリップルを長期視点で捉えており、時期はいつになるかはわからないけれども、1XRP=400円の最高値は超えてくると予測しています。

まとめ

2018年12月現在、リップルの時価総額は第二位で、大変人気があります。

 

リップルが国際送金に広く実用化されると、近い将来、世界中どこでも3~5秒以内に送金のできる未来が実現することになります。

 

さらに、いくらの額を送金しようとも、手数料は数十円~数百円と安価に抑えることができるのです。

 

リップルネットの将来性に気づいた投資家の与沢翼氏は、今でも多額のXRPを保有しています。

 

再び仮想通貨市場が盛り上がる前に、長期的な視点でリップル(XRP)の可能性について学んでみられてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る