いまさら聞けない仮想通貨の仕組み

2017年は仮想通貨元年とも言われ、
仮想通貨に関する話題はさまざまなメディアで取り上げられました。

 

そのため、2018年現在、仮想通貨やビットコインという名前を
全く聞いたことがない方は少ないかもしれません。

 

しかし、仮想通貨の仕組みをご存知のかたはどのくらいいらっしゃるでしょうか。
その基本的な仕組みを知っておくことにより、
仮想通貨がなぜ注目されているのかを理解することができます。

 

仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネット上で利用できるお金(デジタル通貨)を指します。
物理的な紙幣や硬貨が存在せず、電子上のデータのやり取りのみで成立するため、
仮想通貨と呼ばれるのです。

 

電子上のデータのやり取りだけを見ると、SUICAなどの電子マネーに似ています。
しかし、電子マネーと仮想通貨は大きく異なる性質を持ちます。

 

電子マネーは企業が発行主体ですが、仮想通貨は特定の発行主体がありません。
また、電子マネーは日本円の価値と同等の関係性を持ちますが、
仮想通貨は日本円と交換できる独立した通貨であり、その価値は絶えず変動します。

 

日本円も同様に、中央銀行という公的な発行主体が存在します。
日本円は日本国において法的な裏付けがあるため、
額面の価値通り受け渡しにいつでも利用することができます。

 

しかし、仮想通貨は特定の国家によりその価値の保証はなされていません。
独自のプログラムによってルールが決められており、
みんながみんなを監視し管理し合う分散型ネットワークにより成り立っています。

 

高度な暗号技術を利用していることから、
仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれます。

 

仮想通貨は法的に認められている

日本では、2017年4月に資金決済法が改正され、
法的に仮想通貨が認められるようになりました。
資金決済法第二条5では、以下のように定義されています。

 

5 この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

 

簡単に述べると、財産的価値をインターネット上で移転できるものを仮想通貨と言います。

 

仮想通貨の仕組み

仮想通貨の仕組みは通貨によってさまざまです。

 

しかし、全ての始まりはビットコインであり、
その根底となる技術が仮想通貨の仕組みのベースになっています。

 

これらの技術により、仮想通貨の高度な安全性と信頼性が保たれています。

 

電子署名

データ上のやりとりで最も心配なことは、取引データの改ざんがなされることです。
不正に二度送金されてしまったり、異なる金額の承認がなされてしまったりなどが挙げられます。

 

こうした不正利用を防ぐために、電子署名という暗号技術が用いられています。
電子署名は、紙の書類におけるサインのような役割を果たします。

 

例えば、AさんがNさんへビットコインを送金する際には、
電子署名が添付されて送信が行われます。

 

多数のビットコインネットワークに参加している者は、
その署名が本当に正しいものであるかどうかを暗号を解くことにより確認します。

 

この暗号を最も早く解いた者が取引を承認することにより、
Nさんへ安全に届く仕組みとなっています。

 

AさんからNさんへの取引データはブロックチェーンに記録されますので、
P2Pネットワークを通じて誰でも閲覧することができます。

 

ブロックチェーンとP2Pネットワーク

ブロックチェーンとは、分散型台帳のことを指します。
台帳とは、取引の記録の土台となる帳簿です。

 

一定期間内に行われた一つ一つの取引の固まりをブロックとし、
時系列で鎖(チェーン)のようにつなげて記録していく
ことから、
ブロックチェーンと呼ばれています。

 

ブロックチェーンには、2009年に行われた初めての取引から
今までの取引が全て記録されています。

 

さらに、ビットコインのブロックチェーンは
特定のサーバーで管理しているわけではありません。

 

P2Pネットワーク(分散型ネットワーク)を用いて、
ネットワークに参加する人たち全員で取引データを管理
しています。

 

P2Pネットワークとは、ネットワークに接続されたコンピュータ同士で
直接通信を行うネットワークを指します。

 

この技術によって、ネットワーク参加者全員で
取引データを管理・監視し合う仕組みをとっています。

 

既存の企業を例に挙げると、LINEやSKYPEも
P2Pの技術を用いて運営されています。

 

ブロックチェーンとP2Pネットワークの技術を利用することにより、
第三者を介さず、安全に個人同士間で高速に取引をすることができると言えます。

ブロックチェーンの仕組みは実社会で普及していく

ブロックチェーン技術はビットコインの中核となる技術として開発されました。

 

しかし、今後はさまざまな分野でブロックチェーンの実用化が検討されており、
要注目の技術と言えます。

 

ブロックチェーンは「インターネット以来の発明」とも呼ばれ、
既存の常識を覆す可能性のある技術ですので、
本記事で基本的なことを理解しておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る