今更聞けない!?仮想通貨市場で耳にするICOとは

仮想通貨を始めようとされている方で、
ICO」というものを耳にしたことはありませんか?

 

「まったく聞いたことない」
「聞いたことあるけどよく知らない」

 

そんな方が少なからずいらっしゃると思います。
ですので今回はその「ICO」についてお話したいと思います。

仮想通貨市場でよく耳にするICOとは

仮想通貨などの投資をしている方なら一度は聞いた事があるICOとは、
Initial Coin Offering(新規仮想通貨公開)といいます。

 

どういうものかと言いますと、株でいうIPOの様なもので、
企業や個人や団体が事業などの為に個人投資家からの投資を募り資金を調達する事です。

 

IPOとの大きな違いとしては

 

・株式の代わりに「コイン」や「トークン」といった仮想通貨を購入してもらう事
・IPOは審査が厳しいがICOに審査は存在しないので誰でも出来る事(規制があまり為されていない)
・株式と違い株主に配当を払う義務が生じない

 

などが在りますがもっと知りたいという方の為に詳しく掘り下げて紹介していきましょう。

ICOの具体的な仕組み

ICOは個人や企業が事業を遂行する為に資金調達を仮想通貨を通じて
投資家に投資をしてもらう事と言いました。

 

その具体的な仕組みとしましては、

 

企業や個人などが独自のトークンやコインを発行する

企業や個人が発行した仮想通貨を購入した投資家は、
上記の企業のサービスや物などを仮想通貨で購入でき
更にその仮想通貨と他の仮想通貨との交換も可能

 

となっています。

 

IPOは証券会社の協力が絶対的に必要になってくる為、
自社だけで資金調達を遂行する事が不可能です。

 

しかし、ICOには証券会社などといった仲介役が入ってこないので、
それにかけるコストや時間の削減などが見込まれ企業などには非常に注目度が高い事柄です。

 

特に「少額からの投資も可能」という事も投資家にとって魅力的な利点です。

 

確かにハイリスクではありますが、
そのプロジェクトが世界中の投資家から注目を受けコインやトークンを購入する人が多ければ価値が上昇し、ハイリターンとして返ってくるのもICOが今注目されている理由でもあります。

ICOに必要不可欠なホワイトペーパー

ICOで投資家からの投資を募る企業や個人などは、
トークンやコインの発行を市場の投資家に告知しなくてはなりません。

 

その告知にあたって「ホワイトペーパー」という、
簡単にいうと投資してもらうたい事業やアイデアなどの物に対しての価値の説明をした文書を発行し、世の中に自分たちの事業についてのアピールしなければなりません。

 

これを「アナウンス」と言います。

 

ICOにおいてホワイトペーパーは一番大事といっても過言ではないと言えます。
なぜかといいますと投資家は主にホワイトペーパーを参考に
投資をするか否かを決定するからです。

 

しかし、ホワイトペーパーには記載されているサービスなどの内容を
全て実現しなくてはならない制限や規則は無いので、
全てをホワイトペーパーの内容を全て鵜呑みにするのはとても危険です。

 

実際に資金は集まったのだが何らかの問題が起こり
プロジェクトを遂行できなかったなどの事例も勿論あります。

ICOのここには気をつけろ

ICOには冒頭でも説明した通りIPOと違い規制がまだ整っていないという点があります。

 

誰でも出資を募れる事自体は画期的なのですが、
事業計画自体がずさんなプロジェクトや最初からホワイトペーパーの内容をするつもりがなく、詐欺目的でICOをするものもあります。

 

ホワイトペーパーは基本的には英語で記載されている為、
英語が読めない日本人にはリスクが高めですし、
ICO自体リスクが高くハイリスクハイリターンな投資と言われているので、
ICOにて投資を考えている人はホワイトペーパーの熟読と幅広い知識が必要になります。

仮想通貨市場で耳にするICOとは まとめ

まだまだICOは日本では発展途上だと言えますが、
投資する側にも投資を募る方にも様々なメリットがありますし今後必ず注目されるジャンルだと思います。

 

近い将来ICOに関する法律や規制などが整ってきた際に、
乗り遅れないように基礎から勉強をしていくことをお勧めします。