必ず開設すべき仮想通貨海外取引所4選|仮想通貨スペシャリストが教えます

“国内で扱っていないアルトコインを買いたい”
“毎回かかる取引手数料を安くしたい”

 

国内取引所の仮想通貨取引に慣れてくると、いろいろと不都合を感じてしまうことが出てくるでしょう。

 

海外取引所は、国内取引所よりも柔軟な考え方をもつ取引所が多いため、個々の要望に合わせた取引を行うことができます。

 

海外取引所の口座開設は一見難しそうに見えますが、国内取引所よりも簡単に登録できますので、ご安心ください。

 

これを読めば、海外取引所に対するアレルギーはなくなり、晴れて仮想通貨上級者の仲間入りができることでしょう。

 

今回の記事では、これから海外取引所の利用を考えている初心者に向けて、最初に開設しておくとよい海外仮想通貨取引所をご紹介いたします。

 

海外取引所を利用する前に

海外取引所を利用するには、ビットバンクやビットポイントなど国内取引所の開設が必須です。

 

現在のところ、海外取引所は日本円に対応していません。まずは国内取引所に日本円を入金し、ビットコインやアルトコインに交換後、海外取引所に送金をおこなう必要があります。

 

しかし、利用する国内取引所によって、仮想通貨の送金に手数料がかかる場合があります。そのため、ビットポイントのような送金手数料無料の取引所を利用し、無駄な手数料をかけることのないよう気をつけましょう。

 

※2019年1月時点でビットポイントの送金手数料は無料ですが、変更される場合があるかもしれません。ご自身でも調べたうえでの利用をオススメします。

 

海外取引所を利用するメリット

国内にない仮想通貨を買える

海外取引所を利用する大きなメリットは、数百種類以上の豊富なアルトコインを購入できる点です。

 

国内取引所では2019年1月時点で全20種類程しか取り扱っていません。全世界で2000種類以上の仮想通貨が存在するにも関わらず、全体のわずか1%も取り扱っていないのです。

 

海外取引所で取り扱っている仮想通貨には、将来何十倍〜何百倍にもなる可能性を秘めている通貨も存在します。将来性のある仮想通貨を買いたいのであれば、海外取引所を利用しない手はないでしょう。

 

取引手数料が圧倒的に安い

海外取引所は国内の取引所と比べて、取引手数料が圧倒的に安いことで知られています。

 

国内取引所の場合、一見すると手数料は無料と記載されているケースもありますが、実質的には多くの手数料が取られています。

 

例えば、アルトコイン取引の多くは販売所を通して行われます。販売所では運営元から仮想通貨を直接購入することになり、仲介手数料分として売値と買値の差に表されています。いわゆるスプレッドです。

 

一方で、海外取引所は顧客同士の取引が主流であり、取引手数料は0.1~0.25%程と圧倒的に安いことが特徴です。

 

海外取引所のデメリット

日本円に対応していない

上述の項目で記した通り、海外取引所は日本円に対応していないので、取引を開始するまでのハードルが高いことが挙げられます。

 

国内取引所から海外取引所に送金する作業で戸惑ってしまう方も少なくありません。

 

仮想通貨取引を行なったことのない初心者であれば、まずは国内取引所を利用した取引に慣れてみることをオススメします。

 

日本語に対応していない

海外取引所は基本的に日本語に対応していません。そのため、多少の英語の理解が求められます。

 

英語での取引に不安な方は、Google Chromeのブラウザを利用し画面を開きましょう。右上部分にGoogle翻訳を行える箇所が出てきますので、英語を日本語に変換して読むことができます。

 

しかし、何かトラブルが発生した場合、サポートは全て英語でのやり取りになります。どうしても英語に抵抗を感じられる場合、海外取引所の利用は控えましょう。

 

オススメの海外取引所ランキング

世界最大級の取引高を誇るBINANCE

最も利用をオススメしたい海外取引所は、世界トップクラスの取引量を誇るバイナンスです。

 

バイナンスは、140種類を超える豊富な仮想通貨を取り扱っており、ICO直後のコインを上場させるケースの多いことが特徴として挙げられます。

 

コインの新規上場にはユーザーに人気投票させる仕組みを採用しており、上場したコインは何倍もの価値がつく可能性を秘めています。

 

また、バイナンスの取引手数料は他海外取引所と比べて0.1%と低いです。バイナンスの独自トークンであるBNBを利用すると、25%オフである0.075%で取引することができます。

 

さらに、BINANCEはセキュリティに力を入れていることも大きな特徴です。以前にバイナンスへ不正アクセスが行われたケースがありましたが、運営側の迅速な対応で顧客資産を全て守った実績があります。

 

このような高い信頼性と安全性から、日本人ユーザーに大変人気のある仮想通貨取引所として利用されています。

https://www.binance.com/en

 

FX取引をするならBitMEX

BitMEXは、レバレッジ取引専門の仮想通貨取引所です。

 

ビットコインは最大100倍、他アルトコインは数十倍の取引が可能です。

 

ただし、仮想通貨自体の取扱数は少なく、ビットコインを含む8種類の通貨のみを取り扱っています。

 

レバレッジ取引で気になる点は追加証拠金の有無ですが、BitMEXでは追証が無く証拠金以上の損失が出ることはありません。急な価格変動で損失が出た場合も、借金を負うことなく安心して取引することができます。

 

また、今までにハッキング被害が起こったケースはなく、セキュリティが高いことも大きなメリットです。サーバーが落ちることも滅多にありません。

 

そして、他の海外取引所と大きく異なる点は公式ページで日本語に対応していることです。Google翻訳のつたない日本語を理解することなく、国内取引所を利用するように簡単に使うことができます。

 

国内取引所の低レバレッジ取引に飽きた方には、オススメのFX環境です。

https://www.bitmex.com/

 

古くから人気のBittrex

Bittrexは、200種類以上の豊富な仮想通貨を取扱う人気の米仮想通貨取引所です。

 

主要なアルトコインから草コイン(マイナーコイン)まで取り扱っており、ICO後のコインも上場するケースが数多くあります。

 

しかし、アルトコインの入れ替えが激しいので、気をつける必要があります。米国の規制により、2018年3月には上場していた仮想通貨約80種類が廃止となりました。

 

また、取引手数料は0.25%のため、他海外取引所に比べて高く感じますが、国内取引所に比べると圧倒的に安く設定されています。

 

セキュリティに関しても万全であることが挙げられます。二段階認証や本人確認はもちろん、常時のIPアドレス以外からのアクセスはメール認証が必要となります。

 

Bittrexはサポートが親切であるので、顧客からの満足度も高いことで知られています。
さまざまなアルトコイン取引をされたい方にはオススメできる取引所といえます。

 

https://international.bittrex.com/

 

高レバレッジが売りのCryptoGT

CryptoGTは2018年6月に開設されたレバレッジ取引専門の仮想通貨取引所です。

 

大きな特徴は最大レバレッジ200倍の取引ができる点です。BitMEXよりも高レバレッジの取引ができることで、世界中のFXユーザーから人気を集めています。

 

通貨ペアは現在12種類ですが、今後もアルトコインの対応数を増やしていくことが発表されています。

 

さらに、日本語のサポートデスクが用意されていることが特徴として挙げられます。トラブルがあった際も、日本語で質問できることは非常に安心できます。

 

アルトコインで高レバレッジの取引をされたい方は、CryptoGTがオススメです。

 

https://my.cryptogt.com/login

 

CoinExchange

CoinExchangeは、草コインやマイナーなアルトコイントレードをされたい方向けの仮想通貨取引所です。

 

500種類を超える仮想通貨を取り扱っており、アルトコインの目利きが得意な方であれば一攫千金を狙えます。

 

しかし、マイナーなコインは価値が大きく下がったり上場廃止になる可能性が高いことも事実です。

 

将来性を見極めることに長けている方やトレードに慣れている方が利用されることを推奨します。

 

取引手数料は他取引所と同様に低く、0.15%に設定されています。

 

https://www.coinexchange.io/

 

まとめ

海外取引所は安全ではないイメージがあったのですが、最近では高いセキュリティを備える取引所が増えてきたので、以前よりも安心して利用できるようになりました。

 

しかし、万が一のハッキングや倒産のリスクに備えて、複数の仮想通貨取引所を開設し資産を分散させておくことをオススメします。

 

それでも、複数の取引所を管理するのが面倒だと思われる方は、まずは世界中の多くの人が使っているバイナンスに登録してみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る