ハードフォークとは?仮想通貨初心者のための入門講座

仮想通貨の情報を調べていると、必ず出てくるワードにハードフォークがあります。

 

ハードフォークは、過去に何度もビットコインの分裂を招いており、いいイメージを持っている方はそれほど多くないでしょう。

 

しかし、ハードフォークはそもそも、分裂による混乱を起こすために生まれたものではありません。ユーザーの利便性向上のために行われるアップデートを指します。

 

この記事では、初心者の方に向けて、仮想通貨を理解する上で大変重要なハードフォークに関する内容をわかりやすく解説していきます。

ハードフォークとは?

ハードフォークとは、仮想通貨の技術的アップデートや仕様変更に伴う分岐を指します。

 

フォークとは英語で「分岐」を意味し、今までのブロックチェーンから「分岐する」・「分裂する」ことを表します。

 

ハードフォークが行われた場合、基盤は同じで、部分的に仕様が今までのルールから新しいルールに変更されます。ハードフォークの際、新しいシステムが一方的に古いシステムを駆逐してしまう可能性もありますが、それぞれ別のシステムとして存続する可能性もあります。

 

つまり、旧コインと新コインに分かれる場合もあれば、そうで無い場合もあるということです。

 

分裂が起こった場合、旧コインと新コインの間に互換性はなく、それぞれが別個のコインとして存続します。もちろん、それぞれのコインは市場での需要がなくなれば、自然に消滅する場合があります。

ソフトフォークとの違い

ハードフォークの対となる言葉に、ソフトフォークがあります。

 

ソフトフォークとは、互換性を保ったまま、仮想通貨の仕様変更に伴う分岐を行うことです。

 

どちらも今までのルールを新しく変更することに変わりありませんが、ソフトウフォークでは、今までのブロックも丸ごと全て書き換わります。

 

一方で、ハードフォークでは、特定のブロックから新ルールに書き換えとなります。

 

ソフトフォークを行えば、全体のルールを変更することになるので、一つのコインに収束されます。

 

そのため、ハードフォークに比べれば、分裂に伴う取引停止の可能性や分裂前後の価格変動による影響はないものと考えられています。

ハードフォークの目的

冒頭では、ハードフォークはユーザーの利便性向上のために行われるアップデートであると説明しました。

 

一般的にハードフォークは、スケーラビリティ問題を解決することを目的としています。

 

例えば、ビットコインのスケーラビリティ問題は、よく話題にあがります。

 

ビットコインの取引利用者が増えれば増えるほど、通貨の取引量も増えます。一方で、マイナーによる取引の正当性の確認及び承認が追いつかず、取引遅延・手数料高騰が発生しています。

 

このスケーラビリティを改善するために、ブロックサイズの制限を調整したりするなど、ユーザーの利便性を考えたうえでハードフォークが行われるのです。

過去にあったハードフォーク事例

ここで、実際に過去にあったハードウォークの事例をご紹介します。

The DAO事件

2016年6月、The DAOプロジェクトでのハッキング被害をきっかけにイーサリアムのハードフォークが行われました。

 

The DAOプロジェクトは、ドイツのベンチャー企業Slock itによって始まった、イーサリアムのスマートコントラクトを用いた自律分散型の投資ファンドサービスでした。

 

The DAO事件とは、このサービスプログラムの脆弱性が突かれて、約360万ETH(当時のレートで約50億円)が盗まれた出来事を指します。

 

The DAO事件が起こった後、イーサリアムの開発コミュニティは、ブロックチェーンをハッキング被害の起こる前の状態に戻すという決断をしました。いわゆる、ハードフォークを伴う仕様変更です。このハードフォークによって、ハッカーの盗んだイーサリアムは全て使用不可となりました。

 

しかし、人為的な仕様変更は、非中央集権的プラットフォームとしての理念に反する行為であると考えるコミュニティも存在したため、最後まで意見がまとまることはありませんでした。

 

そのため、この事件を契機に、イーサリアムから分岐し、イーサリアムクラシックが誕生しました。イーサリアムクラシックは、非中央集権的なプラットフォームを目指す仮想通貨です。

 

この事件は、あくまでもThe DAOというサービスに脆弱性があり、イーサリアム自体に脆弱性があったわけではありません。

スケーラビリティ問題解決のためのハードフォーク

2017年8月、ビットコインの取引増に伴うスケーラビリティ問題を解決するために、ハードフォークが行われました。

 

ハードフォーク前、解決策としては、以下の2つに意見が分かれていました。

  • 取引データを記録するブロック容量を1MBから8MBに大きくする
  • ブロックの容量は変えずに、取引データを圧縮する。

 

最後まで収束せず、2つのコミュニティで意見が対立したまま、ハードフォークが実行されました。

 

「ブロック容量を大きくすることで対応する」前者の意見を採用し、ハードフォーク後に誕生した通貨がビットコインキャッシュです。

 

このように、仮想通貨ではアップデートに関する意見の不一致により、ハードフォークが行われることはしばしばあります。

ハードフォーク時の問題点

ここでは、ハードフォーク時に起こる問題点を簡潔にご紹介致します。

リプレイアタック

リプレイアタックとは、ハードフォーク後にブロックチェーンが分岐した際に、悪意のあるハッカーによって、取引情報を混乱させるために仕掛けられる攻撃を指します。

 

リプレイアタックが起こると、ユーザーは不正アクセスによる送金が行われてしまうことになります。

 

このようなリプレイアタックを防ぐには、リプレイプロテクションという機能の搭載が必要です。

 

一般的には、ハードフォークで誕生する新しいコインに、リプレイプロテクション機能が搭載されていれば、ブロックチェーンが分岐しても、2つのコインが独立した存在となるため、攻撃することはできなくなると言われています。

アップデートによるトラブル

ブロックチェーンが分岐した直前直後は、リプレイアタックだけではなく、予想だにしないトラブルが生じる可能性があります。

 

例えば、急な相場変動による取引停止が起こったり、ハッシュパワーの偏りから両者の通貨価値が著しく乖離するといった現象が起こる可能性が考えられます。

 

このように、ハードフォーク前後は、一時的にトラブルが発生する可能性があるため、取引を控えるのが賢明です。

信頼性の失墜

ハードフォークは、利便性に伴うアップデートであるものの、人為的な仕様変更です。

 

ハードフォークを頻繁に行ってしまうと、いかなる変更も可能であるといったイメージを世間に与えてしまい、仮想通貨の信用を損ねてしまう可能性があります。

 

仮想通貨の本来の性質は、非中央集権です。何度も仕様変更を行うことは通貨の信用性に関わることから、ハードフォークそのものに反対するコミュニティも少なくありません。

ハードフォークが行われるときにすること

ハードフォークが実施されることがわかれば、まずはハードフォークに伴う新通貨が付与される取引所に仮想通貨を移しましょう。

 

新通貨対応の取引所に保管しておくだけで、新しい仮想通貨が付与されます。現状、国内取引所ではスピーディな付与が難しいため、海外取引所を利用することになります。

 

仮想通貨ウォレットでも付与されるケースはありますが、操作が必要であることから初心者には不向きなため、取引所から新通貨を得ることをオススメします。

まとめ

今回の記事では、仮想通貨を学ぶうえで重要な言葉である「ハードフォーク」についてご紹介しました。

 

ハードフォークは分裂のイメージが強いですが、そもそもは利便性向上のための仕様変更です。

 

仕様変更によるアップデートに伴い、取引手数料が下がったり、スピーディに取引できるようになったり、仮想通貨に関する課題が改善されていってます。

関連記事

ページ上部へ戻る