仮想通貨FXを始める前に必要な知識4選と事前準備【知らないと痛い目を見ます】

「仮想通貨FXは難しいイメージがある」
「そもそもFXってなんだろう」

 

仮想通貨FXを始めたいけれど、どうしたらよいのかわからない方は多いのではないでしょうか?

 

通常の売買と異なり仮想通貨FXにはいくつか注意点がありますが、きちんと事前準備を整え勉強を続けていれば、儲かる可能性は大きい取引方法です。

 

これから始めたい方もどうぞご安心ください。

 

今回の記事では、仮想通貨FXを始める前に知るべきポイントや事前準備について初めての方でもわかりやすいように解説していきます。

 

仮想通貨FXとは?人気の理由は?

仮想通貨FXとは、元手が少なくても大きな利益を得られる取引手法のことを指します。てこの作用に似ていることからレバレッジ取引とも呼ばれます。

 

レバレッジをきかせて元手の何倍もの資金を動かせることから、少額の資金を運用したい方や大きな利益を狙いたい方に大変人気の取引方法です。

 

さらに、仮想通貨FXにはもう一つ大きな特徴があります。それはショート(売り)からエントリーできることです。

 

通常の商品の場合、現物取引といって仮想通貨を購入することから始まります。

 

しかし、仮想通貨FXの場合はショートから入れるので、市場が停滞している時や下落傾向にある時でさえ、利益を効率的に追求することができるでしょう。

 

また、24時間365日いつでも市場は動いているので、平日の忙しい会社員や経営者や学生の方でも自分の好きな時間で自由に取引を行えます。

 

仮想通貨FXと現物取引との違いは?

ここでは、仮想通貨FXを理解していただくために現物取引との違いを説明いたします。

 

仮想通貨の現物取引では、実際の仮想通貨を買って代金を支払い、売って代金を受け取ります。

 

1BTC=40万円の際に1BTC欲しいのであれば、40万円の代金と引き換えに1BTCを受け取ります。

 

実際に仮想通貨を所有しているので、自由に使ったり送金できることも現物の特徴です。

 

一方で、仮想通貨FXでは、日本円を証拠金に換えてレバレッジをかけて取引します。

 

仮に10万円しか持っていないとしても、10倍のレバレッジをかけることで100万円分の取引ができます。1BTC=40万円であれば、2.5BTC分の取引ができるのです。

 

ただし、仮想通貨FXでは実際に金銭のやり取りや仮想通貨の受け渡しを行うことはなく、最終的に決定した取引後の損益差額のみ資金移動が起こります。

 

そのため、取引が完了するまでは口座残高の値に変化がありませんし、仮想通貨自体を保有していないことになります。

 

仮想通貨FXと外国為替FXとの違いは?

FX(Foreign Exchange)と聞くと、外国為替証拠金取引を思い出される方が一般的に多いかもしれません。

 

外国為替を利用したFX取引は仮想通貨よりも早く始まった歴史をもち、世界的に日本人の取引量がもっとも多いと言われている馴染み深い金融商品です。

 

外国為替では、日本円やアメリカドルやイギリスポンドなど世界中の通貨を用いてレバレッジ取引を行います。

 

では、仮想通貨FXは外国為替FXとどのように違うのでしょうか?

 

次の3つの要因において大きな違いがあります。

 

価格変動リスク

仮想通貨FXは外国為替FXよりも、価格変動率が大きく高リスクなことが挙げられます。

 

仮想通貨の場合、1日で10%以上も価格変動をすることがあるため、FX取引の場合非常にリスクが高いです。

 

しかし、高リスクな分リターンも大きいので、徹底したリスク管理を行えば大きな儲けにつながる可能性があります。

 

変動要因

外国為替の場合、各国の経済状態により価格が上昇・下落します。そのため、取引を行う場合、経済指標や政策金利や要人の発言などを分析し、将来の価格予想を行います。

 

一方で、仮想通貨には明確な指標がないといわれています。技術力や実用性とは裏腹に価格が低迷していることを考えると、現在の相場は感情で形成されているといえるのかもしれません。

 

取引時間

外国為替FXは平日のみ取引を行える一方で、仮想通貨FXは24時間365日取引を行えます。

 

平日は忙しい方でも土日に気軽に取引できることが仮想通貨FXの醍醐味です。

 

仮想通貨FXを始める前に知るべき4つのポイント

ここでは、仮想通貨FXを始める前にまずは確認する必要のある事前知識をご紹介していきます。

 

余剰資金で取引を行うこと

仮想通貨は1日の価格変動率が大きいことを説明しました。

 

そのため、仮想通貨FXのリスクは現物取引より大きく、レバレッジの倍率次第ではすぐに証拠金がなくなってしまう可能性が考えられます。

 

まずは、少額の余剰資金かつ低いレバレッジ倍率で取引に慣れることをオススメいたします。

 

テクニカル分析を学ぶこと

仮想通貨FX取引を行う場合、短時間で売買を繰り返すことが多くなります。

 

適当にエントリーや決済を繰り返しても、相場で勝つことは難しく、上か下かの完全なギャンブル扱いになってしまいます。大切なお金を守るには、相応の知識が必要です。

 

取引を行う前に、テクニカル分析の基本を学びましょう。テクニカル分析とは、過去のチャートから相場の行く末を読み解き今後の値動きを予想する方法です。

 

損切りを徹底する

仮想通貨FXを行ううえで、損切りは大事です。

 

仮想通貨FXには現物取引と違ってロスカットシステムがあります。

 

ロスカットとは保有ポジションがある一定の損失に達した場合、強制的に決済が行われる仕組みで、どのタイミングでロスカットが行われるかは取引所ごとに異なります。

 

「この値まで下がると損切りを行う」などあらかじめ自分なりのルールを決めておかないと、強制決済により市場から退場する羽目に陥ってしまいます。

 

自分にあった取引所を見つける

仮想通貨FXを行える取引所は、国内外問わずたくさんあります。 

 

しかし、それぞれの取引所によって、操作方法やチャート画面、FXルールは異なります。

 

仮想通貨FXは価格変動の幅が大きいので、瞬時の判断で取り返しのつかないミスを冒してしまう可能性も考えられます。

 

そのため、仮想通貨FXを始める場合、さまざまな取引所を使ってみて、自分にあった取引所を見つけることが大事です。

 

操作のしやすさや画面の見やすさといった使いやすさを重視するのが良いでしょう。

 

仮想通貨FXでオススメの取引所

仮想通貨FXについて解説してきましたが、実践なくして上達はありません。

 

ここでは、仮想通貨FXを始めるうえでオススメの取引所をご紹介します。簡単に特徴を記載しておりますので、気になった取引所でFXを始めてみましょう。

 

ご紹介する取引所は全て追証の入金が必要ありません。損失が拡大した場合に追加で証拠金を要求されることはなく、比較的安全な取引所であります。

 

GMOコイン

・アルトコイン取引ができる
・レバレッジ最大10倍
・スマホアプリが便利

 

GMOコインでは、ビットコインと4種類のアルトコインを利用したレバレッジ取引が行えます。

 

また、仮想通貨FX専用のスマホアプリ「ビットレ君」は非常に使いやすく高機能であるとFXトレーダーからは好評です。

 

ワンタッチ操作でのスピード注文機能や9種類のテクニカル指標の利用できるチャート分析ツールを利用できます。

 

BITPoint

・ビットコインのみ
・レバレッジ最大25倍
・セキュリティが高い

 

BITPointは、本田圭佑さんでお馴染みの国内仮想通貨取引所です。国内では最も高レバレッジの25倍でビットコイン取引を行うことができます。

 

豊富な取引ツールはもちろん、セキュリティにも注力されていることで非常に安心できる取引所といえるでしょう。

 

BitMEX

・高レバレッジの海外取引所
・8種類のアルトコインに対応
・日本語表記がある

 

最後にご紹介するのは、FX取引専門の海外取引所BitMEXです。

 

ビットコインは最大100倍、他のアルトコインは最大50倍の取引が可能で、多くの日本人トレーダーから愛されている取引所です。

 

サーバーが落ちることもほとんどなく、FX初心者でも非常に使いやすいと感じます。

 

また、日本語表記に対応していることも大きなメリットでしょう。

 

まとめ

仮想通貨FXは、儲かる可能性のある取引ではありますが、リスクが高いので事前準備が大事であることを解説いたしました。

 

仮想通貨FXの基礎知識や取引ルールを学ぶことは、今後の勝敗に大きく左右する重要要因です。

 

しかし、実践なくして上達はありません。ある程度の勉強が終われば、まずは口座開設をしてみましょう。

 

少額の余剰資金で自身でトレードしてみることが上達の第一歩といえます。

関連記事

ページ上部へ戻る