ビットコインの購入方法と購入時の気を付けるべき点【仮想通貨初心者に優しく解説】

「ビットコインを手に入れる方法がわからない」
「どうやって購入すればいいんだろう」

 

ビットコイン投資を始めてみたいけれども、購入の仕方がわからずに困っている方は多いのではないでしょうか。

 

一般的な株式投資や為替取引と異なり、ビットコイン投資は数百円と少額から購入できることも人気の理由です。

 

そこで今回の記事では、仮想通貨投資を始める初心者に向けて、ビットコインの購入方法や気をつけるべきポイントを中心にわかりやすく解説いたします。

 

ビットコインを購入するには?

ビットコインを購入するには、仮想通貨取引所や販売所からの購入が最も利用されている一般的な買い方です。

 

ビットコインはインターネット上のお金であり、購入といっても商品が届くわけではなく、データ上のやりとりになります。

 

そのためビットコインを手に入れるには、まずは仮想通貨取引所のウェブサイトからアカウントを開設します。アカウント登録が終われば、銀行やコンビニから日本円を入金し、ビットコインを購入します。

 

購入する手順は、以下の3つのことをするだけです。

・仮想通貨取引所に口座開設する
・取引所に日本円を入金する
・日本円をビットコインと交換する

 

このように、ビットコイン購入は誰でも簡単に行うことができます。

 

まずは取引所の口座開設を始めることからスタートです。

 

その他のビットコイン入手方法は?

ビットコインには他にも手に入れる方法がいくつか存在します。

 

・ビットコインをもらう
・マイニングをして報酬を得る
・OTC取引

 

ビットコインをもらう

ビットコインを誰かから受け取る方法です。

 

たとえば、ビットフライヤーでは提携先のショッピングサイトで商品購入した場合、ビットコインで購入金額の数%をキャッシュバックしてもらえたり、ポイントサイトを利用してビットコインと交換することができます。

 

ポイントサイトでポイントを貯めれば、実質タダでビットコインを手に入れることができてしまいます。

 

また、友達や知り合いから応援の意味で投げ銭をしてもらうこともできるかもしれません。

 

マイニングをして報酬を得る

ビットコインのマイニングに参加することで、報酬としてビットコインを手に入れることができます。

 

しかし、マイニングには専用のコンピュータや膨大な電気代が必要となり、個人での参加は非常に難しくオススメできません。

 

OTC取引

OTC取引とは、売り手と買い手が直接取引を行う行為を指します。

 

取引所や販売所を介さず1対1で取引できるので、取引所への個人情報登録やトレード操作を行う必要はありません。大口取引の場合、市場への影響はほとんど出ないOTC取引が良いといわれます。

 

その反面、OTC取引ではお互いに信用しあう必要があり、信用できない相手の場合、詐欺などのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

取引所と販売所の違い

ここからは、最も一般的な購入方法である仮想通貨交換業者を通じての買い方を解説していきます。

 

仮想通貨交換業者には、取引所と販売所が用意されています。ビットコインはどちらからでも購入することができます。

 

取引所と販売所の違いは、誰から購入するのかという点にあります。

 

取引所ではユーザー同士が直接取引することに対して、販売所ではユーザーと交換業者が取引を行います。

 

そのため、販売所は取引所に比べて手数料が割高に設定されているのです。

 

販売所の手数料はスプレッドとも呼ばれており、購入価格と売却価格との差が実質的な手数料となります。

 

このように、販売所は手軽に購入できるメリットはありますが、手数料が高いことがデメリットです。

 

できる限り、手数料の安い取引所を利用した取引を選んだほうがお得といえるでしょう。

 

取引所を選ぶポイント

それでは、仮想通貨取引所を選ぶ際に重要なポイントをご紹介していきます。

 

取引所の運営体制やセキュリティ

取引所の運営体制がしっかりしているか、セキュリティに注力しているかは、最も重要な選択要因といえます。

 

第三者機関に大切なお金を預けることになるので、なるべく信頼できる取引所を選ぶ必要があります。

 

後ほどご紹介する取引所は比較的信頼できますので、初心者の仮想通貨投資にオススメです。

 

手数料の安さ

セキュリティの次に重要なことは、手数料の安さです。

 

入出金手数料や取引手数料など各種手数料が安い取引所を選んだほうが無難です。

 

せっかくビットコイン投資で利益が出ても、手数料の分だけ取り分が少なくなってしまいます。

 

取扱通貨が豊富

国内取引所や販売所では、どこでもビットコインの売買ができます。

 

しかし、それ以外のアルトコインを購入したいと思う時がくるかもしれません。

 

仮想通貨の取扱種類は取引所ごとに異なります。今後取引してみたいなと思うような通貨があれば、いつでも取引できるように取扱のある取引所を開設しておきましょう。

 

流動性がある

取引所を利用する場合、通貨の流動性の高さは大事です。

 

通貨の流動性とは、多くのユーザー同士の取引が活発であり換金のしやすい状態を指します。

 

ビットコイン取引が可能だとしても、流動性が低い取引所であれば、自分の希望とする価格での売買ができなかったり取引エラーの出る可能性があります。

 

なるべく多くのユーザーが市場に参加し、毎日の取引が活発である取引所を選ぶようにしましょう。

 

使いやすさ

最後に大事なことは、取引所の使いやすさです。取引所の操作性やチャートのみやすさ、アプリ対応の有無などが挙げられます。

 

特に初心者にとって操作におけるストレスはなるべく減らしたいところです。

 

しかし、こればかりは実際に使ってみないことにはわかりませんので、取引をしてみて実際に使いやすいかどうかを探ってみましょう。

ビットコイン購入のオススメ取引所

 

BITPoint

BITPointは、最もオススメできる取引所です。

 

取引手数料含む各種手数料が無料で、レバレッジ取引に対応しています。

 

コールドウォレットやマルチシグ対応などセキュリティにも注力しており、高い安全性と信頼性を兼ね備えた数少ない取引所のひとつといえます。

 

GMOコイン

GMOコインは、東証一部上場企業GMOインターネットが運営する取引所です。

 

FX取引所での経験を生かし、ユーザーの利便性と高い安全性を兼ね備えていることが特徴です。

 

また、同社の提供するスマホアプリは、非常に使いやすく簡単に取引できるので、初心者にもオススメの取引所であるといえます。

 

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、大手上場企業DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

 

ビットコインを含む7種類の仮想通貨を取り扱っており、使いやすい取引ツールを数多く揃えています。

 

アルトコインのレバレッジ取引をされたい方に特にオススメです。

 

購入時に気をつけるべきポイント

ビットコイン投資は価格変動が非常に大きいことで知られています。

 

大きな利益を出す可能性もあれば、大きな損をする可能性もあるということです。

 

ビットコイン投資はハイリスクハイリターンの商品なので、必ず余剰資金で始められることをオススメします。

 

また、現状のビットコインは利用できる機会が少なく、実用性に乏しいことがデメリットです。

 

ビットコインの技術は大変優れたものですが、実際に決済手段や価値保存として利用できないのであれば社会に浸透していくことは難しいといえるでしょう。

 

まとめ

ビットコインの購入は、仮想通貨取引所のアカウントを開設すれば誰でも簡単に行うことができます。

 

購入手順はとても簡単で、口座開設を行い、日本円を入金し、ビットコインと交換するだけです。

 

アカウントの開設後は、手数料の安い取引所を利用することをオススメします。

 

実際にビットコイン投資を行う際は、ハイリスクハイリターンの投資商品であることを理解し、まずは少ない余剰資金で購入してみるのが良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る